「AppleCare+」は入れる? 「AirPods Pro」の並行輸入品を購入してみた。

先日の記事で紹介した、安く買える「AirPods Pro」の並行輸入品。

人気のワイヤレスヘッドホン「AirPods Pro」ですが、価格は税込3万円以上と高価。本当は家族一人に1つずつくらい欲しいのですが。(特に勉強中の子供に、集中したいから貸して、と言われると断れない..。)楽天でお...

ちょっと不安もありましたが、楽天のポイント還元もあったので、購入してみました。


香港版を購入

購入したのはこちら。

【並行輸入品 保証付き 香港版】 AirPods pro MWP22ZP/A【アップル純正ワイヤレスイヤホン】エアポッズプロ Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン 新品

香港版です。
国内で購入すると型番は「MWP22J/A」ですが、こちらは「MWP22ZP/A」となっています。

商品説明には..

★弊社からのご購入明細書があればメーカー保証受けられます。

※並行輸入品のため、初期不良、保証等一切のサポート対象となりますので、ご了承の上お買い求めください。

※購入後の不具合等による返品・返金はお断りさせていただきます。  

商品は未開封新品です。ご了承の上、ご注文下さい。
こちらの商品に関してはアップルケアのご加入が出来るかどうかは当店では保証しておりません 宜しくお願い致します。

仕様は同じです。 便宜上国内正規品のJANを記載しておりますが、入荷のタイミングでJANが変わる形になり お届け商品のJANは並行輸入品のJANとなります、ご了承下さい

メーカー保証は間違いなく受けられるようですが、AppleCare+」への加入については、保証しないとのこと。

長く使うことを考えると、バッテリ交換もお得な「AppleCare+」には入っておきたいところ。

街で装着している人を見る機会も多く、人気のほどがうかがえる「AirPods Pro」。価格が3万円以上と高額な商品だけに、故障など、もしもの時のために入っておきたいのが、Apple純正の補償プラン「AppleCare+」。Ai...

実際に申し込んで確認することにしました。


香港版をチェック&国内版と比較

早速届いた商品をチェック。

見た目はまたく国内版と変わりません。


左が香港版、右が国内版。
底面も全く同じようです。


側面のラベルが違いました。
上が香港版、下が国内版です。

左のラベルでは、日本語が中国語表記になっています。
右のラベルでは、型番が「MWP22ZP/A」。
モデルNo「A2083 A2084 A2190」は同じです。

最近の「AirPods Pro」には、ベトナム製もあるそうですが、こちらは「Made in China」でした。


マニュアルは、中国語やハングル表記のものに。


本体、付属品については、全く違いは見当たらず。

もちろん、使用についても、問題ありませんでした。

モノについては、国内で使うことに全く問題はなさそうです。


メーカー保証は?

Apple製品の保証状況は、こちらのサイトから確認できます。

シリアルNoを入力し、確認してみると..
ちゃんと保証の対象となっていました。まずは一安心。

でも「有効期限(推定):2021年7月28日」というのが謎。

購入したのは2020年7月10日ですので、1年以上先です。

並行輸入品といことで、香港で最初に購入されていて、保証期間が短いのでは? と心配していたのですが、逆に有効期限が1年以上先? まぁ長いに越したことはないですが..。


AppleCare+には加入できる?

続いて問題の「AppleCare+」。

購入店の商品説明では「こちらの商品に関してはアップルケアのご加入が出来るかどうかは当店では保証しておりません」となっていましたが、実際どうなのか?
確かめてみました。

AppleCareの契約は「できないようです」?

AirPodsなどヘッドホン製品向けのAppleCare、「AppleCare+ for Headphones」に、オンラインで申し込みます。


加入の対象か確認するため、シリアルNoを入力します。


がーん!!
「AppleCare契約を追加できないようです。」

でも、「できません」じゃなくて「できないようです」って、なんだか自信なさげ?


並行輸入品がAppleCareに入れない理由として想定していたのは、すでに保証期間が始まっており、AppleCareの加入期限である「購入から30日以内」を過ぎてしまっているということ。

でも、メーカー保証の有効期限から判断すると、「購入から30日以内」を経過していることはなさそうです。


Appleサポートに確認してみる

「できないようです」という表現が引っかかるし、なぜ契約できないのか、理由も気になったので、Appleのサポートに問い合わせてみました。


ざっくり、下記のような問答でした。

しゅん爺
香港版の「AirPods Pro」を購入し、AppleCareに入ろうとしたところ「AppleCare契約を追加できないようです。」と表示されました。なぜできないのでしょうか。
Apple
お調べします。シリアルNoと購入日を教えてください。
しゅん爺
シリアルNoと購入日(2020年7月10日)を伝える。
Apple
AppleCareの契約は可能です。このお電話で契約を進めてもよろしいですか?
しゅん爺
お願いします。
(住所氏名を伝える)
Apple
決済用のメールをお送りしますので、決済をお願いします。
しゅん爺
メールが届く。
メールリンクから、クレジットカードの情報を入力し、支払い手続き完了。
Apple
AppleCareの契約が完了しました。

とうことで、あっさり完了しました。ホッ。

なぜ、オンラインでは契約ができなかったのか、聞いたところ..

Apple
購入日の情報ありませんでしたので、契約できませんでした。
購入日を確認させていただき、登録しましたので契約が可能になりました。
なるほど。だからメーカー保証の有効期間も「推定」という表現だったんですね。


ということで無事に「AppleCare+」も登録終了。これで安心して使えます!


まとめ

今回購入した並行輸入品の「AirPods Pro」は、メーカー保証、AppleCare+とも有効でしたので、とても良い買い物でした。

ただし、すべての並行輸入「AirPods Pro」で、同じ様にメーカー保証、AppleCare+契約が可能かはわかりません。
同じお店で購入したとしても、購入のタイミングなどによって、すでにメーカー保証が開始されていたり、AppleCare+契約ができない場合もあるかもしれませんので、ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。