ある意味一番難しいかも!?「iOS 9」の売りは安定性向上?

TechCrunchさんに、AppleのiOS 9は安定性向上とバグ一掃が主眼―ユーザーには機能追加よりずっとありがたいという記事が掲載されていました。
 

いつも信頼できる情報を流す9to5Macの最新の記事によれば、Appleの次世代OS、iOS 9は安定性の向上とバグの一掃が主たる開発目標となっているという。
2015年にはiPhone、iPad、iPod TouchのOSのメジャー・アップデートが予定されているが、これまでのような大量の新機能の追加から一歩退いて、既存の機能がさらに効率的かつ安定して作動する改良を加えるという方向になった。Appleはこれまでもこうした方針を採用したことがある。デスクトップのOS X Leopardの後継としてリリースされたSnow Leopardはまさに安定性の向上を主眼としていた。

 


iOS 8.2が間もなく登場するとか、8.4では、Beatsベースの新しい音楽配信サービスが搭載される、とか噂されていますが、早くもiOS 9についても噂がでてきましたね。
 
目新しい機能や、デザインを売りにするのではなく「安定性」を売りするというのは、結構勇気がいると思います。
現行のiOS 8がボロボロならまだしも、普通に動いているiOS 8からのメジャーバージョンアップの売りが、「安定性」となれば、もし1つでも不具合があれば、一気に叩かれることは目に見えています。
それでも、あえてそうするのなら、かなりの自信があるのかも。
 
単なる安定性の向上だけでなくて、パフォーマンスの圧倒的な向上とか、記事にもあるような「OS自体のサイズのコンパクト化」といった、地味だけどジワジワ効いてくる進化が、見られるのかな。期待しましょう。
 
 
3Dプリント