日本通信「ドコモでiPhone」詳細発表!! 300Kbps制限無!! テザリング可!!

さあ、大変なことになりました。
以前もご紹介した、日本通信の「ドコモでiPhone」計画の詳細が発表されました。
 
日本通信が提供するSIMフリー版「iPhone 4」専用micro SIM「talking b-microSIM プラチナサービス」を利用して、ドコモ回線でiPhone 4を利用できるというこのサービス。
高価な海外のSIMフリーiPhone 4を買って、わざわざ300Kbps程度の通信速度のサービスどれだけ人が使うんだろう?と、ちょっと否定的な見方をしていたんですが、それは全く間違いだったかもしれません。
 
それでは、詳細だ!!
 
 


・使える回線
 
800MHz帯と2GHz帯対応のFOMAネットワークが利用可能。
 
 
・通信速度
 
300kbps以上の通信が可能で、UstreamやYouTube、地図サービス、App Storeからのアプリダウンロードなども快適に行える。
アプリごとにテストを行い、2Mbps、1Mbps、500kbpsなどと段階的に通信速度を切り替えて、iPhone 4で処理できる最適なパフォーマンスを調査中。
 
 
・通信制限
 
NTTドコモの過去3日間の通信量が300万パケット、ソフトバンクモバイルの1カ月あたり1000万パケットなどと同等な制限を予定。
 
 
・テザリング機能
 
BluetoothやUSBでノートパソコンなどと接続することで、iPhone 4 モデム化。
ただし、通信速度は上り/下りともに300kbps程度に制限
 
 
・メールサービス
 
SMSは利用可能。
MMS(iモードメール)は利用不可。
 
 
・料金
 
月額基本料は6260円(通話サービス基本料980円/定額データ通信5280円)
1050円分の無料通話付き。
2年縛りなど拘束なし。
 
 
・使えるiPhoneは?
日本通信の案内によるとイギリス、アイルランド、スイス、ノルウェー、イタリア、カナダ、デンマーク、フランス、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、香港のSIMロックフリー版iPhone 4が使用可能。
iPhone 4は技術基準適合認定を受けているので、法律的にも日本で問題なく使用可能。
 
 
・販売方法
優先リザーブメールを登録した人に、8月26日から順次案内。オンラインでのみ申し込みを受付。
本人確認に一定の時間がかかる為、1日あたり1000人程度の販売。
 
 
まさかの速度制限緩和に、テ、テ、テザリングまで!!
こりゃちょっとすごいことになっちゃいました..。
あきらかに、ドコモのパケ放題なんかより割安なんですが、どういう仕組みなんだろう? ドコモがソフトバンクの独走を食い止める為に、日本通信に特別な配慮をしたんじゃなかろうか。
通信制限はないけど、購入者1日1000人制限というのがどうも…。実はドコモからそれくらいにしてくれなんて制限かかってたりして!?
 
 
次の記事では、料金について、もうちょっと詳細見て行きます。
 
とりあえず、SIMロックフリー版iPhone 4眺めながら、お待ちください。
 
香港版!分割払い可能【税込送料込!】iPhone4 Apple 正規品 SIMフリー16GB ブラック
イギリス版!SIM加工キット付き分割払い可能【税込送料込!】iPhone4 Apple 正規品 SIMフリー…
香港版!【税込送料込!】iPhone4 Apple 正規品 SIMフリー32GB ブラック
Apple iPhone 4 32GB SIMフリー版 香港正規品
Apple iPhone 4 16GB SIMフリー版 香港正規品
Apple iPhone 4 32GB SIM Free
Apple iPhone 4 16GB SIM Free

 
 




2 件のコメント

  • おお、随分本気できましたねぇ。
    正直なところもっと保守的なプランでくるのではと勘ぐってましたがこれは素直に認められる水準ですね。
     
    これである意味公式に国内で通信環境がととのったわけで、これで端末輸入のも拍車がかかるでしょう。
    拍車がかかれば自ずと価格競争のいくらか見込める訳で、初期不良対応しかしない癖にでかいマージン取るとこも淘汰されますね。
     
    そしていよいよSBはsimロックを解除できなくなりましたね。
    穿った見方をすれば次のステージは輸入業者を何らかの形で訴えるとかでしょうか。
    国内のこの手の法律は腹が立つ程保守的ですからね。

  • 日本通信のサイト上で見る限り、テザリング時は300kに減速される、ということのようですね。