「次期iPhone」3モデルは、同じデザインでカメラ数のみ異なる?

Macお宝鑑定団Blogさんによりますと、2020年9月に発売される「次期iPhone」は、筐体デザインは同じで、背面カメラの数が違うだけになる可能性があるとのことです。

2020年のiPhoneは、3モデル。
5.4インチ、6.1インチ、6.7インチで、それぞれ背面のカメラは、2眼、2眼、3眼とのこと。

デザインは、iPad Proのような縁が角ばったようなデザインになるとの噂ですが、3モデルとのもこの共通デザインで、見た目にはサイズとカメラのみの違いになるとのことです。


2019年は、3眼が「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の2モデルでしたが、2020年は異なるラインアップとなるようですね。

大きいサイズが苦手な方には、3眼の選択肢がなくなってしまうので、ちょっと残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。