筆圧感知対応Bluetoothタッチペン「Jot Touch」を試す。前編

プリンストンテクノロジーさんのBluetooth搭載筆圧対応スタイラスペン「Jot Touchを試します。
 
ph01.jpg
 
iPadで絵を描いたりする方には、夢の様な製品。iPadのパネル上で筆圧感知を実現しちゃいます。
 
 

jott_01.jpg

ガンメタリックとレッドの2色展開。今回はガンメタリックを購入。
 
jott_02.jpg jott_03.jpg
マニュアルは、カードタイプ型で、いつでも参照し易い感じ。
対応アプリの紹介カードも付属しています。
 

jott_04.jpg

付属品は、効果用の先端パーツと、キャップ、充電用のUSBアダプタ。
 

jott_05.jpg

ペンはちょっと太めで、ショートカット用のボタン付き。アプリで機能を割り当てることができます。
 

jott_09.jpg jott_08.jpg

先端は、透明ディスクが付いたタイプ。このタイプは初体験です。
付属のキャップはねじ込み式で、しっかり保護できます。
 
jott_07.jpg
充電アダプタは、マグネット式。
ペンの端がマグネットになっており、くっ付けて充電します。
 

jott_12.jpg

こんな感じ。りりしい。
 

jott_11.jpg

このアダプタのデザインと質感が、MacBookに超ピッタリなんです。
 
ということで、次回は使ってみます。
 
「Jot Touch」を探す⇒Amazon楽天