WWDC2014基調講演の目玉は「iOS in the Home」?

ガジェット速報さんに、予想:アップルの発表会は近年でもっとも注目イベントになるという記事が掲載されていました。
 

bo5_mdwcmaa-ibl-jpg-large.jpeg

 

WWDC 2014で核となるのはiOS 8でも、OS Xの新バージョンでもなく「iOS in the Home」にある。仮に、煩雑すぎる商標問題を “無視” して「iHome」という名称を付けてきたら、その時点で基調講演は最後まで観て損は無いものとなるはずだ*。
iOS in the HomeはホームオートメーションのiOS版。つまり、iOSを通じて家庭内の様々な対応機器を操作するというものだ。このようなSFチックな空想は昔からよくされているもので、自動的に点灯する照明と空調機器、言葉を伝えれば勝手に調理してくれるオーブンレンジなどがそれだ。

ほほう、次なる一手は、ホームオートメーションとな。
飛躍した予想かもしれないけど、なかなか面白い内容でした。予想は当たってるのか、WWDC前にぜひご一読を。
 




1 個のコメント

  • 後はHealthbookという名らしき健康管理アプリも発表されるという噂ですね。iHomeにしてもHealthbookにしても、現時点ではワクワクしないけど、来年にはそんな考えも変わって熱狂してるのかな。