Touch ID対応で超便利!! パスワード管理アプリ「1Password」を試す。

iOS 8では、指紋認証機能「Touch ID」が、一般のアプリにも解放されています。
定番のパスワード管理アプリ「1Password」も、このTouch IDに対応しました。
さらに、1Passwordが最近無料になったとのことで(Pro機能は1000円)、試してみました。
 

スクリーンショット 2014-09-21 18.33.19.png

 


 

IMG_3355.png

アプリ起動。
 

IMG_3356.png

まずは、「1Password」のパスワードを決めます。これがバレるとすべての情報が漏れちゃうので、いつもより安全性の高いパスワードに設定したいところ。
 

IMG_3358.png

「1Password」のセキュリティを設定します。ここれ「Touch ID」の設定が可能になりました。
 

IMG_3359.png

「iCloud Syncing」。複数のデバイスで、「1Password」の設定を共有できます。複数のiOSデバイス、またはMacをお持ちなら、便利な機能。(詳しくは次回の予定)
 
 
次に、Safariでのサイトのログインに使う、パスワードを設定していきます。

IMG_3364.png
IMG_3365.png

ログインに使うパスワードの他に、あらゆるセキュリティ情報が扱えるようです。
今回は、一番上の「ログイン」を設定。
 

IMG_3367.png

このブログを書いている、Seesaaブログさんの、ログインパスワードを設定します。
 

IMG_3368.png

ユーザ名や、ログインページのURLを入力。
パスワードは、今使用してるものを使ってもいいですが、より安全なパスワードを生成して、設定することもできます。
これで、準備完了。
 
 

IMG_3370.png

Safariを起動し、SeeSaaのログイン画面へ。
これまでの「1Password」では、1Password内の専用ブラウザを使用する必要がありましたが、iOS 8対応の新バージョンでは、Safariでも利用可能になっています。これは敷居が下がりますね。
 
「1Password」を呼び出すため、下段メニューの中央のアイコン(アクティビティ?)をタップします。
 

IMG_3371.png

右下の「その他」をタップ。
 

IMG_3372.png

「1Password」をONに。
 

IMG_3373.png

右下に「1Password」追加されるので、これをタップ。
 

IMG_3375.png

Touch IDで、「1Password」を起動します。
 

IMG_3377.png

先ほど設定した、ログイン情報を選択。
複数のアカウントを持つとき等は、ここで選択することになります。
 

IMG_3378.png

IDとパスワードが入力され、完了です。
 
次回からは、
・下段メニューの中央のアイコンタップ
・「1Password」をタップ
・Touch ID認証
・アカウント選択
の4ステップになります。
 
こりゃ便利っす。iPhone 6になって、片手での操作がやや難しくなりましたが、これなら片手でもできますね。
 
今回紹介した機能は無料の範囲。iOS 8にしたなら、絶対おすすめです。