Apple「AirTagと不要な追跡に関するアップデート」を発表。

Appleが、「AirTagと不要な追跡に関するアップデート」を発表しています。

AirTagが、たびたび人や他人の所有物の追跡に悪よされていることを受け、AirTagの安全性に関する警告をアップデートして不要な追跡をこれまで以上に防ぐ、さらなる方法について発表しました。

AirTagと「探す」ネットワークに導入される進化した機能

以下のアップデートは、Appleが取り組んでいる重要なステップを表しています。

AirTag設定時の新しいプライバシーの警告:今後予定されているソフトウェアアップデートで、AirTagを初めて設定するすべてのユーザーに対し、AirTagは自分の持ち物を追跡するためのものであること、AirTagを使って同意なしに人を追跡することは世界中の多くの地域で犯罪であること、AirTagは被害者によって検出されるよう設計されていること、および法執行機関はAirTagの所有者に関する情報の特定を要請できることを明記したメッセージが表示されるようになります。

AirPodsに関するアラートの問題への対処:Appleは、「不明な持ち物が検出されました」というアラートを受け取るというユーザーからの報告を聞いています。Appleは、このアラートはAirTagがユーザーの近くにある場合は表示されないことを確認しました(AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max、または他社製の「探す」ネットワーク対応アクセサリのみ)。上記と同じソフトウェアアップデートで、ユーザーが受け取るアラートを「不明な持ち物」ではなく、AirPodsがユーザーと共に移動していることを示す内容にアップデートします。

アップデートされたサポート文書:Appleは、AirTag、AirPods、「探す」ネットワーク対応アクセサリに組み込まれた安全に関する機能を伝えるために、apple.com/jpにある不要な追跡に関するサポートページをアップデートします。このページには、どの「探す」ネットワーク対応アクセサリで不要な追跡のアラートが表示される可能性があるかについての追加の説明、このようなアラートの具体的な例を示すより多くの画像、およびこのアラートを受け取った後に何をすべきかに関する最新情報(AirTag、AirPods、または「探す」ネットワーク対応アクセサリを無効にする手順など)が含まれます。また、National Network to End Domestic ViolenceやNational Center for Victims of Crimeなど、自身の安全が危険にさらされていると感じた場合に個人が利用できるリソースへのリンクも表示されます。

さらに、今年後半に導入する予定の一連のアップデートについても言及しています。

  • 「正確な場所を見つける」
  • 音を鳴らしてアラートを表示
  • 不要な追跡アラートのロジックの改善
  • AirTagの音の調整

AirTagは、便利な製品である反面、使い方によっては悪用も考えられる製品。
通常使用での便利さを確保しつつ、悪用への対策することは、難しい作業だと思いますが、ここは妥協なく突き詰めて欲しいですね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥12,800 (2022/05/21 20:40:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥3,800 (2022/05/22 09:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。