Apple「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」開始。

Appleが、「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を開始しています。

一部の旧世代の 15 インチ MacBook Pro のバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明しました。この問題が確認されているのは、主に 2015 年 9 月から 2017 年 2 月までの間に販売された 15 インチ MacBook Pro で、本プログラムの対象となるかどうかは製品のシリアル番号で判断されます。

Apple にとってお客様の安全は最優先事項です。そのため Apple では、対象となるバッテリーを自主的に無償交換させていただくことにいたしました。

「バッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性がある」って、すごい言い回しですが、つまりは火災になる可能性があるということかな。

対象の方は、お早めに手続きを。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。