Apple、ウィルスミス主演映画の世界配給権を獲得。Apple TV+で配信?

Appleが、ウィルスミス主演映画「Emancipation」の世界配給権を獲得したそうです。


映画「Emancipation」は、主演がウィル・スミス、監督はアントワーン・フークア。
7社が獲得に動き、Appleが約113億円で獲得したそうです。

2021年に撮影開始予定とのことで、公開はまだまだ先になりそう。
映画館で公開された後、Apple TV+で配信されることになりそうです。

先日も、リドリースコット監督と契約したとのことでしたが、Apple TV+のコンテンツ拡充にはかなり力を入れていくようですね。

9TO5Macさんによりますと、Appleが、かつてMacintoshのCM「1984」を制作したリドリースコット監督と、Apple TV+向けの作品制作の契約を結んだそうです。Appleは、リドリースコット監督とそのプロダクションスタジ...

それにしても、まだ撮影も始まっていないに、配給権でそんな巨額が動くとは。すごい世界だ..。

[via iPhone Maniaさん]

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。