どっちがお好み? iPhone 7 REDの白いフロントパネルを黒に交換した動画登場。

先日発表された、iPhone 7 (PRODUCT) RED」。
背面のボディは、iPhone初の赤いボディですが、フロントパネルは、シルバーやゴールドと同じ、ホワイト仕様となっています。

白もいいですが、もしジェットブラックなどと同じように、もしフロントがブラックだったら、どうなるのか?
実際に、改造した動画がいくつか登場しているようです。

フロントブラックいいですね。個人的には、こっちの方が好きです。

REDモデルは、赤が好きな中国市場を意識したように思うのですが、中国人はホワイトの方が好きなのかも?



ちなみに「紅白」について、Wikipediaによると…

日本における「紅白」のルーツは源平合戦とされている。源氏が白旗を、平氏が紅旗を掲げて戦った際に用いられた配色であり、対照的な色合いでもあることから、日本において、伝統的に対抗する配色として用いられるようになった。ただし、紅白のルーツについては他の説も存在する。
紅白はハレを意味し、祝いの席の紅白幕や紅白餅、紅白饅頭など縁起物に用いられている。これは、赤が赤ちゃんというように出生を意味し、白が死装束の色のように死や別れを意味するところから、人の一生を表すという説、または花嫁衣裳の色であるという説、あるいは日本では古来から赤飯を炊いて祝っていたことから赤飯の色であるという説、女性の経血と男性の精液の色という説、など様々な説がある。

アップルは、物事の真理にまで迫ってデザインも行ったりすることがあると思います。いろんな国々で、赤と白にはいろんな意味があるのかもしれませんが、どの国でも悪い意味はないのかもしれませんね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。