アップル「低価格な携帯電話ビジネスを展開する予定はない。」

アップルが、2009年度第1四半期(10~12月)の業績を発表していました。
 
この不景気にも関わらず、売上高は101億7,000ドル、純利益は過去最高となる16億1,000万ドルをたたき出したそうです。
ただし、伸びは鈍化しています…。
 
iPhoneの出荷台数は436万3,000台。(前期比で37%減、前年同期比で88%増)
2008年の1年間では、1370万台のiPhoneを販売。累計の販売台数は1700万台くらいになっているようです。
 
伸びは鈍化しているといっても、この不況下で、この数字は凄いと思います。iPhone以外の事業も、軒並み好調を維持。
ジョブズも不在で難局ではありますが、なんとか乗り越えられるかな?
(ジョブズの容態発表の件で、何やらもめてるみたいですが…)
 
不況にも強いアップル。下がってる株も買い時か? 円高だし。
 
 


で、この発表の場で、アップルから興味深いコメントがでています。ジョブズ不在の間、代役を務めるTim Cook氏によると、

低価格な携帯電話ビジネスを展開する予定はない。Appleの目標は携帯電話業界で台数シェアトップになることではない。」

なぬっ? iPhone nanoの登場はほぼ確実かと思っていましたが、雲行きが怪しくなってきたかも?
あるいは、nanoは、噂されている様なGSMのみの廉価版ではなく、あくまでフルスペックなモデルとなるんでしょうか?
 
そうなると、日本でも発売されちゃうかも? う~む…、2台も持てんぞ!!
 


 
日本からでもアップル株が買えます。 アップル株購入体験レポートはこちら

 
 




2 件のコメント

  • どうも初めまして。
     
    毎日、楽しくサイトを拝見させていただいてい
    ます。
     
    かつて、アップルが目標にしていたSONYの経営
    悪化と正社員の解雇開始、それにMicrosoftも
    遂に解雇を始めてしまいましたが、それでも
    アップルが健闘したのはジョブスだけではなく
    企業が懸命に頑張ったからだと思います。
     
    このご時世、役員もスタッフ達も大変だったと
    思うけれども、妥協せず夢を形にすると言うの
    は、これは、一個人でも見習う事が多いですね。
     
    さて、ジョブスの容体については様々な憶測が
    飛んでいますが、どこの企業でも代表取締役の
    容体についてはひた隠すのは当然だし、あまり
    大騒ぎする事ではないと思いますよね。
     
    どの国のメディアも、大騒ぎするのが好きだなあ
    と痛い思いで最近の報道を見ていますが、やり過
    ぎです。
     
    それにアップルも最悪の事を考えて後任の
    優秀な人選も既にある筈。
     
    ジョブスには元気になってもらいたいですが
    ここは一つ、今後も、さらにappleに頑張って
    欲しいと願っています。
     
     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。