iPhoneでデジカメ写真にもジオタグを!! その3 写真へジオタグ書込編

まもまく登場する「iLife’09」に含まれる写真管理ソフト「iPhoto’09」。
こちらのデモ必見!! また、Amazonなら「iLife ’09」が10%OFFでお買い得です。)
 
iPhotoの新機能「撮影地」をフルに活用すべく、普通のデジカメで撮った写真にも位置情報(ジオタグ)を付けたい!! ということで、iPhoneをGPSロガー(軌跡情報を記録する装置)化シリーズ第3弾です。(その1その2
 
今回はついに、普通のデジカメで撮った写真に、位置情報を合体させます。
まず、テスト用に、iPhoneで位置情報を取得しながら、デジカメで写真を撮ってきました。
 

geotag_1.jpg geotag_2.jpg

 


撮影前には、必ずカメラの時刻をしっかり合わせておきましょう。写真と位置情報は時刻を基準にして合体させますので。(一応後で、修正も可能ですが。)
 
自転車に、こちらのホルダーでiPhoneをセットして位置情報を記録しながら、デジカメで写真を撮ってきました。
(自転車ホルダーの詳細レビューはこちら
 
これまで紹介してきた手順の通り、EveryTrailiconで録ったログ(Trip)をアップロードします。
 
geoup_2.jpg
アップロードしたTripの左下にある「Download GPX」をクリック。
「***.gpx」というファイルがダウンロードされます。
また、デジカメで撮影したファイルもパソコンに読み込んでおきます。
 
ここからは、位置情報を写真ファイルに書込むアプリ「GPSPhotoLinker」を使用します。(iPhoneのアプリではありません、Mac用です。Winの方はJpeg GPX Merger等もあります。)
 
GPSPhotoLinkerを起動。
geoup_4.jpg
「Load Tracks」からダウンロードしたGPXファイル、「Load Photos」からデジカメで撮影した写真をそれぞれ読み込みます。
 
geoup_7.jpg
読み込みが終わったら、「Batch」を選択し「Batch save to photos」をクリック。
 
geoup_9.jpg
位置情報の書込みが行われ、それぞれの写真に位置情報が付与されています。
 
書き込んだ写真は、ドラッグ&ドロップで、iPhotoに登録も可能。
iPhoto上で確認しても、ちゃんと位置情報が付与されているのがわかります。

geoup_13.jpg

 
 
まとめ
 
GPSロガーとしてiPhoneは十分使えるか?
ちゃんとGPSロガーとして使えました。普通なら1万円以上するGPSロガーが、無料アプリで実現するなんて、本当にありがたい!!
 
ただ、課題もありました。
 ・ずっとEveryTrailiconを起動したままにする必要がある。
 ・起動したままなので,バッテリを食う。
という点。
 
ランニングやサイクリングで、長時間経路を確実に記録したいのであれば、ちゃんとしたGPSロガーを買った方がいいと思います。
でも、今回の様に写真用に位置情報を残したいだけであれば、写真を撮るときだけ起動しておけばいいので、それほど問題にならかも。
EveryTrailiconは、経路記録中にスリープしたり、他のアプリを立ち上げたりしても、再び起動すれば自動で記録を再開してくれます。
 
実際に旅行で写真を撮るとしても、常にEveryTrailiconを起動しておかなくても、立ち寄った場所ごとに一度EveryTrailiconを起動してログを残せば、十分だと思います。(あとでiPhoto上で、手動で場所設定しなくていいだけでも、かなり楽かと。)
 
さあ、あとは、iLife’09が届くのを待つばかり!!
 
 
「GPSロガー」を探す⇒Amazon 楽天 Yahoo!ショッピング
 
Sony Style(ソニースタイル)




1 個のコメント

  • ここの記事を参考にさせていただき実験してみましたが、微妙に地図上の撮影地点にずれが。
    マニュアルで調整していてはっと気がつきました。
    デジカメの時間設定がこれまた微妙にずれている事に(^^ゞ。
    やはり基本確認が大切ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。