iPhoneでデジカメ写真にもジオタグを!! その1 EveryTrail編

まもまく登場する「iLife’09」に含まれる写真管理ソフト「iPhoto’09」。こちらのデモ必見!!)
(今なら「iLife ’09」が10%OFF)
 
iPhotoの新機能「撮影地」をフルに活用すべく、普通のデジカメで撮った写真にも位置情報(ジオタグ)を付けたい!! ということで、iPhoneをGPSロガー(軌跡情報を記録する装置)化してみたいと思います。
 
すでにApp Storeiconには、それができるアプリがいくつかあります。(biomaxさん、ひで坊さん情報ありがとう)
 
Trailsicon
Path Trackericon
EveryTrailicon
iTrailicon

など。
 
その中から、今回私が選んだが「EveryTrailicon」。理由は簡単、唯一無料だから…。
 
 

everytrail_1.jpg everytrail_2.jpg

起動したら、まずは位置情報をONに。これがないと始まらない。
で、次にアカウントを取ります。
 

everytrail_3.jpg everytrail_5.jpg

EveryTrailiconでは、記録した位置情報を専用のサイトにアップロードします。そのサイトへログインする為のアカウント登録です。(iTrailiconは、直接Macへの取り込みが可能)
登録が完了したら、いよいよ位置情報のログ開始です。(自転車通勤で試してみました)
 

everytrail_9.jpg everytrail_10.jpg

記録中。位置情報の他に、距離や速度も表示されています。
「Photo」をタップすれば、写真を撮ることもできます。
 

everytrail_13.jpg everytrail_14.jpg

到着したら「Stop」で終了。「Save」で名前を付けて保存します。
 

everytrail_17.jpg everytrail_18.jpg

そのまま、専用のサイトにデータをアップロード。途中に撮影した写真も一緒にアップロードするので、結構重いです。
一旦、iPhone内に保存しておいて、後でWi-Fi環境でアップロードも可能。
 
 
特に問題もなく、立派にGPSロガーとして動作してくれました。
途中スリープさせても、ログは続いているようでした。
もちろんその間も電池は食っていることになりますが…。
(続いている様に見えましたが、違ったみたい。でも、再起動すると、自動で再開されます。)
本当のGPSロガーは1万円以上するのに..。ほんとにiPhoneって便利だなぁ。
 
次回は、アップロードしたサイトを見てみたいと思います。
 


 
いまならAmazonさんで、iLife ’09」「iLife ’09 ファミリーパック」が10%OFF!!
iLife、iWork、MacOS XがセットになったMac Box Setも10%OFFです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。