iPhoneがリモコンに!! 赤外線アダプタ「L5remote」を試す。基本編

先日紹介した、iPhone/iPod touch用赤外線アダプタ「L5 remote、物欲にまかせて、買っちゃいました!!
 
l5Remote_1.jpg l5Remote_2.jpg
こちらがパッケージ。L5 remoteと普通のリモコンとはイコールじゃない。「Not equal – better.」なのだ。
 
 


l5Remote_3.jpg l5Remote_4.jpg
箱を開けると「Drag. Drop. Control.」の文字。なかなか凝ってる。
中には、これ1つがポツンと。あとはマニュアルも何も入ってません。詳しくは、アプリ「L5 Remoteicon」でどうぞ、ってことですね。
 

l5Remote0_1.jpg l5Remote0_4.jpg

アプリ「L5 Remoteicon」(無料)をインストールし起動。
L5 remoteを接続するよう促されます。
 
繋げると、自動的に画面が180度回転し、L5 remoteを接続したDock側が上になります。

 

写真.PNG l5Remote0_5.jpg

こちらが、基本のボタンパターン。いろいろカスタマイズできますが、まずはこれから。これに、手持ちのリモコンの信号を学習させていきます。
学習させたいボタンをタップすると、信号待ちに。
 
l5Remote_9.jpg l5Remote_8.jpg
リモコンとL5 remoteをくっ付けてリモコンのボタンを押すと学習完了です。
 

l5Remote0_8.jpg l5Remote0_9.jpg

消音ボタンの左の格子目ボタンを押すと、0〜9チャンネルボタンが現れます。
先ほどの操作を繰り返し、学習終了。
 
これでもう、iPhoneがリモコンです。ボタンを押すと振動して押した事が確認できます。
英語表記ですが、操作は簡単で問題なく使えそうです。
 
アダプタを常に繋げて置くのは邪魔かもしれませんが、旧iPhoneやiPod touchの活用にいいんじゃないでしょうか。
 
次回は、ボタンのカスタマイズやマクロ機能を試したいと思います。
タブバーの左下のクラウド的なアイコンも気になるし、携帯へのアドレス送信も試して行きたいっす。

 
カスタマイズ編
 
「L5 Remote」を探す⇒Amazon楽天
 




13 件のコメント

  • この赤外線で、電話帳交換できたら即買なんですがね。
    どうなんでしょう?

  • とおりすがりさん
    受信は無理だと思いますが、もしかしたら発信だけなら出来るかもしれません。
    今度試してみます。

  • 先日の紹介記事を読んで、わたしもポチってしまいました。
    わが家ではリビング常駐の iPad で使おうと思っているのですが、どんな感じになるのでしょうかね。

  • これってテレビ以外(例えばエアコンとか、照明器具)のリモコンにもなったりするんでしょうか?

  • manjiさん
    赤外線リモコンから学習させて使うので、赤外線リモコンなら基本的にはほとんどのものが使えると思います。

  • iPad (OS 4.2.1) で試してみたらアプリが落ちてしまいます(涙;)
    works with iPad って書いてあるのですが…。

  • 自己レスで失礼します。
    FAQs のページを見たら、v3.0.3 は iPad がクラッシュする問題を抱えており、パッチを当てたバージョンをアップルに申請中で、承認待ちだとのコメントがありました。
    更新版を待ちたいと思います。
    お騒がせしました。

  • v3.1.0にUPしたら、日本を表示がボタンが作成付加。
    ボタンの自由な大きさも不可になりました。
     
    全バージョンをダウンロード出来ないでしょうか?

  • v3.1.0にUPしたら、日本を表示がボタンが作成不可能。
    ボタンの自由な大きさも不可能になりました。
     
    前バージョンをダウンロード出来ないでしょうか?
     

  • メーカーに確認をした所、正式なバージョンダウンは不可能でした。
     
    やはり、事前にiチューンにバックアップが必要ですね。
    (実は、バックアップが見つかり復活しました)

  • アップデート、きましたね。
    とりあえず、日本語表示ができる様になったことだけ確認しました、会社のトイレでw

  • 3.1.1のUPデートが完了して日本語表示が可能になりましたね。
    相変わらず、ボタンの大きさは指定サイズのみです。
    (サイズが指定のみは、使いづらい。。。)