これが本命!? あのデザインでちょっと小さい「iPhone 5」のモック登場。

にわかには信じられない、デザインでケースが売られちゃってる「iPhone 5」(レビュー)ですが、今度はモックが登場です。しかも、今回はちょっとデザインが違います…。
 
GIGA Netzwetkで、「iPhone 5」とされるモックが紹介されています。

かなりヤキモキさせられますが、最後まで見てみてください。
 
 


IMG_0192-500x333.jpg
下部に行くほど薄くなる、販売されているケース通りのデザイン。しかし、右側にマナースイッチがない。
さらに…
 
DSCN7327-500x233.jpg
iPhone 3GS、iPhone 4との比較。ほぼこれまでのiPhoneと同じサイズ!! 販売されているケースは、iPhone 4よりひと周り大きくなっています。
 
DSCN73321-248x225.jpg
ホームボタンは、噂と同じ横長。これをスワイプする事で、ロック解除できると紹介されています。
 
 
ふむふむ、あのケースのデザインには懐疑的でしたが、これはちょっと信憑性ありそう。
まず、サイズが現行とほぼ同じ。あのケースの大きさは信じられませんでしたが、これならありえると思います。
ホームボタンが長くなる件も、GALAXYと似てしまうので、ありえないと思ってましたが、スワイプ機能という明確な目的で、GALAXYとも差別化できるならありえそう。確かに、ボタンを押して、さらにスライドでロック解除は面倒で、アップルもメスを入れそうだし。
 
それでも、まだ疑問なのは、この薄さがサイズが技術的に可能かってこと。特にバッテリ容量が維持できるのか心配。厚さ的に近いと思われるiPod touch(7.2mm)は、バッテリ容量が1000mAhくらいしかないらしいです。
厚さが均一でないのも、やっぱり引っかかるなぁ…。
 
 
で、これが本物のデザインだったとして、なぜ売られているケースは、でっかくなっちゃった!?
 
CineMate 1 SR digital home theater speaker system




2 件のコメント

  • 他のサイトでも伝えられていますが、噂を元に作ったモックなんで、本物は大きいかもしれませんよ
     

  • あまりに待たされてしまって期待がふくらみすぎてでっかくなっちゃったんですよ、多分