iPhoneに発売前から値下げ&低価格モデル投入の噂?

ITmediaさんにiPhoneの値下げはあるか?という記事が掲載されていました。
 
Piper Jaffrayのアナリスト、ジーン・マンスター氏によると、

iPhoneの独占キャリアCingular Wirelessは、同製品に販売奨励金を出さないだろうが、ライトプランや割引を提供する可能性があると記している。それにより、Appleストアで販売されるiPhoneとCingularが自社店舗で販売するiPhoneのバランスが保たれると同氏は言う(すぐにCingularに乗り換えようと考えている場合、ほかのキャリアの解約料は175~200ドルになりそうだ)。

アメリカの携帯電話事情がさっぱり分からないのだけど、アップル自身がiPhoneを販売することも可能なのかな?それにしても、キャリアの解約料高いなぁ。MNPみたいな制度はないのかな?
 
さらにマンスター氏は、

現在のiPhoneの予想価格(4Gバイト版が499ドル、8Gバイト版が599ドル)は当面変わらないとしつつも、Appleがこの価格を「わずかに」引き下げる可能性があるとし、もしかしたら399ドルにまで下がるかもしれないと予測している。iPodと同様に、Appleは後でもっと価格に敏感な消費者に向けたモデルをリリースするだろう

値下げだけでなく、低価格モデルの投入?ほんとかねぇ。
 
いつもアナリストとか、情報筋とかが言う事って、こうやって記事なる事があるけど、単なる予想でしょ? アップルの情報は、ほとんど外に漏れてこないので、アナリストとかでもほとんどテキトーな事言ってるだけだと思うんだけど…。
 
 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。