実はFace ID登録作業はほぼダミー? 登録は一瞬で完了していた!?

iPhone Xに搭載された顔認識機能「Face ID」。


この機能の登録作業について、発見があったので紹介しておきます。

Face IDの初期登録作業

この機能を使用するには、最初にユーザーの顔をスキャンして登録する必要があります。

iPhoneに顔を写しながら、顔で円を描き、顔を全方向からスキャンします。
この作業を2回繰り返して、登録が完了する、はずなのですが…

前回紹介した、謎の挙動のおさらい

先日紹介したように、最初の一瞬だけユーザーの顔を見せておけば、その後の顔をぐるりと回す、2度のスキャン作業は、仏像のお面でやっても登録できてしまうんです。

ただし、実際に登録されているのは、仏像ではなく、最初に映ったユーザーの顔。
仏像でロック解除しようとしても、全く反応しません。
ユーザーの顔では、普通に登録作業したときと同様に、素早く認識してくれます。

なぜこのような挙動になるのか?

なぜ、こうなるのか考えました。

ほぼ仏像の顔で、2度の回転スキャンをしたのに、登録されているのはユーザーの顔ということは、このスキャンは意味がないのではないでしょうか。

つまり、2度の回転スキャンは、「如何にも顔を登録している感」を醸し出すためのダミーであり、実際には、2度の回転スキャンに入る前に、登録作業は完了しているのではないか、という仮説です。

そもそも、Face IDの認証は、本人だけが認証できるように、横顔などでは認証できないようになっているはず。正面以外の角度からスキャンする意味はあまりないのかも?
(より正確に3Dで認識するには、必要な感じはしますが…)

なぜ、ダミーのスキャン作業が必要?

仮に、この仮説が正しいとして、なぜダミーのスキャン作業が必要だったのでしょうか。

考えられるのは「あまりに簡単に登録が完了してしまうと、ユーザーが不安になる」から?

Touch IDでさえ、初期登録は、何度か認識を繰り返して、さらに境界部の認識と、2ステップあるのに、Touch IDよりも、はるかに誤認率の低いFace IDが、一瞬で登録できちゃうと、ユーザーが「ホントに大丈夫?」と感じると考えたのではないでしょうか。
だから、あえてFace IDも2度のスキャンを実施するようにしたのではないかと。


動画にまとめてみた

文章だけではわかりにくいかもしれないので、この件を動画にまとめてみました。
クマのぬいぐるみや、手(こぶし)でも、初期登録ができています。

推測の域を出ませんが、実際に登録作業ができてしまうのは事実。

もし、バグであるなら、早く修正されるといいですね。


iPhone Xの予約はこちら









2 件のコメント

  • まずその前に目が開いてるか開いてないかもチェック出来、
    目を閉じてる時は解除されないFace IDなのに目がくり抜かれてるお面でやるのがおかしい

    身近な人が解除出来ないようにして、落としたり紛失して拾った人が何も出来ない事が既に素晴らしいのにFace IDの揚げ足をとるのはなんか腑に落ちない

    双子で突破とかも一卵性双生児や、まだ成長過程の子供だったら突破出来るのは想定通り。

    アホなんかと思うのが本当にiPhoneのセキュリティ気にしてる人は指紋も顔も使わず、複雑なパスコードロックしてるわ。

    そんな事よりツイッターブログで不具合やら文句言う前にアップルのフィードバックページに文句言え

    何にも改善にならんぞ

    • ちゃんと記事読んでいただいたのかな?
      この記事は、Face IDにセキュリティ的に問題があるとは、全然言ってない。
      最初の登録作業の2回顔を回す作業は、実際の登録には反映されてないと言ってるだけです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。