来たぞiPhone 6!! 早速、開封の儀!! 真っ白なパッケージは中身も凄かった…。

来ましたよ〜。初のApple Online Storeでの購入でしたが、待ちきれずに営業所止めにして、もらってきました。
 

DSC08484.jpg

意外と大きな箱ですね〜。ワクワク!!
 
 

DSC08483.jpg

今回は、Amazonっぽい梱包になっています。
 

DSC08486.jpg

しかし、エコ。ビニールを熱とかで収縮してるのではなく、ビニールの端を段ボールに引っ掛けて…
 

DSC08487.jpg

これを裏に織り込むことで、テンションをかけています。(どうでもいいことまで、レビュー中…)
取り出し易さいのもいいですね。
 

DSC08488.jpg

出ましたよ。やっぱり真っ白なパッケージでした。あなた色に染めて…、ってことですかい?
ちなみに、横の「iPhone」の文字は、シルバー。ゴールドのiPhoneの箱は、ゴールドらしい。
 

DSC08489.jpg

裏を見ても、カラーが分かります。特にSIMフリーとかは、書いてないっぽい。
 

DSC08493.jpg

本当に何も書かれていない天面。凹凸でのみ、iPhoneを表現しています。ホームボタンも、ただ丸く凹んでるだけじゃなくて、周りのリングまで表現されています。
 

DSC08490.jpg

いつものように、カッターでシュリンクを丁寧にカットし…(2歳の娘に、ちゃちゃ入れられつつレビュー中)
 

DSC08491.jpg

開けるぞ!! このフタと、下の箱の絶妙な摩擦感、フタだけ持って自重で開ける時のスピード感がたまらんのよね〜。
 

DSC08494.jpg

ジャジャーン!! うひょひょひょ、iPhone 6 シルバーだよ!!
 

DSC08496.jpg

にぎにぎ。ちょっとひんやり。大きくなりましたが、全然持ちづらさは感じないですね。角のiPhone 5sよりも、ずっと手に馴染む!!
 

DSC08497.jpg

今回は開封の儀なので、中身の方を中心に見てきましょう。
iPhone受けるトレーは、今回カメラが飛び出てるので、そこが抜かれていますね。
 

DSC08499.jpg

トレイの下には、いつものコピーが書かれた、ドキュメントパック。
 

DSC08507.jpg

開けると、まずSIMスロット用のピン。これはいつもの通り。
 

DSC08508.jpg

中身は3枚。マニュアル(と呼んでいいのか?)、アップルステッカー、保証等について。
 

DSC08509.jpg

マニュアルは、いままでカラフルでしたが、今回はモノクロ。というこで、今回は、箱、中身(本体、アクセサリ、ドキュメン等)含めて、白、黒、シルバー、グレー系以外の色は全く存在しません!! 唯一あるとすれば、iPhoneのサイレントスイッチをONにするとオレンジ色が見えるだけ。
これは、電源をONした時の画面の美しさを感じていただきたい、という配慮ではないでしょうか。(「トップをねらえ」の第6話的な…。)
 

DSC08500.jpg

トレーの下は、いつものアクセサリ類。
 

DSC08504.jpg

Lightningケーブル。いつ見ても、奇麗に巻かれています。
 

DSC08505.jpg

以前からですが、ケーブルにも「Designed by Apple in California Assembled in China」のコピーが書かれています。しかも、これがちゃんと見える様に巻いてある。偶然なのか?
 

DSC08502.jpg

ACアダプタ。5V 1A仕様で変わり無し。
 

DSC08511.JPG

よく見ると、黄緑のポッチがありません(右はiPhone 5sに付属のもの)。モデルNo.はA1385で変っていないのですが。ここでも「黄緑」を使わない為に、わざわざ型番そのままで、表記だけ変えたのか…。
 

DSC08510.jpg

ということで、iPhone 6の開封の儀でした。
 
外だけでなく、中身のこだわりもハンパなかった…。
iPhone 6本体にも期待が膨らむパッケージでした。
 
では、次はiPhone 6を舐め回す!!
外観レビューへ続く
 


 
↓今日書かれたツイートです。ソフトバンクオンラインショップも、意外と早いかも。