2018年のiPhoneは全モデルバッテリ容量増? Xと同じL字型バッテリを採用。

9TO5Macさんによりますと、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、2018年のiPhoneは、全モデルでバッテリ容量が増加するとレポートしているそうです。

iFixitさんより

2018年のiPhoneは、

  • 有機ELディスプレイ 5.8インチ
  • 有機ELディスプレイ 6.5インチ
  • 液晶ディスプレイ 6.1インチ

の3モデルと噂されていますが、有機ELディスプレイの2モデルで、iPhone Xと同じL字型のバッテリーが採用され、容量も大きくなるとのことです。
iPhone Xと同じ5.8インチモデルでも、Xより10%増となるそうです。

また、液晶ディスプレイについても、容量が拡大されるとしています。


iPhone Xでは、L字型バッテリの採用のため、その分、回路基板を小さくできる、2層式の基板が採用されていました。
その辺りも、2018年はより進化させてくるのかも。

日経テクノロジーonlineさんに、「iPhone X分解、まさかの部品内蔵基板を採用?!」という記事が掲載されていました。(有料会員限定記事ですが、11月15日までだれでも無料で読めます) 日経テクノロジーonlineさ...

でも、さすがにiPhone Xは高かったので、よほどのことがない限り、2年使うかな…。
来年のモデルは、少しは安くなるのかな?




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。