2018年のiPhone「5.8/6.5インチ有機EL」「6.1インチ液晶」の3モデルに!?

MacRumorsさんによりますと、KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が、2018年に発売されるiPhoneについてレポートしているとのことです。

Ming-Chi Kuo氏のレポートによると、2018年に発売されるiPhoneは、

  • 5.8インチ有機ELディスプレイモデル(iPhone Xと同様)
  • 6.5インチ有機ELディスプレイモデル
  • 6.1インチ液晶ディスプレイモデル

の3モデルになるとのことです。

6.1インチの液晶モデルは、320〜330ppi(iPhone 8などと同程度)で、価格は649ドルから749ドル。ローエンド&ミッドレンジ市場をターゲットにしているとのことです。

また、3つのモデルすべてに、フルスクリーンノッチデザインとiPhone XのようなTrueDepthカメラが搭載されるとのことです。


6.5インチはかなり大きいですね。今のPlusシリーズのサイズで、フルスクリーンにしたら、それくらいになるのかな?

液晶は6.1インチで微妙に小さいですが、有機ELほどの狭額縁にはできないので、そうなるのかな?

まだまだ、先の話のような気もしますが、年間で2億台も作られるiPhoneですので、すでにこれくらいは決まっているのかもしれませんね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。