2019年のiPhoneはトリプルレンズのリアカメラを搭載!?

MacRumorsさんによりますと、2019年の後半に、トリプルレンズのリアカメラを搭載したiPhoneが発売されるかもしれないとのことです。

記事は、Yuanta証券のアナリスト、ジェフ・プー(Jeff Pu)のレポートを引用したもの。

3つのレンズを搭載することで、初めてiPhoneで3倍の光学ズームが可能になり、ファインダー内の画像をデジタルズームのようなぼやけた縮小なしで、最大3倍まで拡大することができるとのことです。


管理人は、iPhone Xで、初めてデュアルカメラのiPhoneを使いましたが、光学ズームが効くのは、非常に便利に感じています。
さらに、トリプルレンズで3倍ズームとなれば、さらに便利だとは思いますが、ちょっとデザイン的には、微妙かも。

すでに、Huaweiの新型P20 Proでは、トリプルレンズが採用されているとのことですが、今後さらにカメラ数が増えてる流れになるんでしょうか…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。