孫社長、au参入の嵐去り「霧は晴れた」と安堵。

ソフトバンクが2012年3月期上期(4~9月期)の連結業績を発表しました。
その場で、孫社長がiPhoneについて語っています。

孫氏は、iPhone 4Sの発売直前に量販店が実施したアンケートで、ソフトバンクよりauのiPhone 4Sが支持されているという結果を見て「背筋がぞっとした」と振り返る。「相当な解約の嵐が来るかもしれないことを覚悟した」と当時の心境を明かす。
しかし、ソフトバンクのiPhone 4Sは過去最大の予約数を記録した。同社ではiPhone 4よりも2~3割は販売数が伸びるのではと控えめに予測していたが、「現実は数百%の伸びだった。予測を大きく上回りすぎてシステムがダウンしてしまい、皆さまにご迷惑をかけてしまった」(孫氏)という。
孫氏は、「この独占が崩れたら、我々のユーザーがどのくらい解約するのかということは、大きな雨雲の状態で常に頭上にあった」と語り、今回の結果によって「霧は晴れた」と安堵の表情を浮かべる。(CNET Japanさんより

 


やはりauの参入には、かなり危機感を感じていたみたいですね。しかし、フタを開けると意外に影響はなかったとのこと。3年間の実績か、あるいは、3G/3GSの棒引きキャンペーンのお陰かな?
 
iPhone 4Sが、4と比較して数百%の伸びというのは,凄いですね。2倍以上ってこと。auもソフトバンクに肩を並べているとすれば、iPhone 4の4倍は売れていたってことに。この1年ちょいの間に、スマートフォンも随分受け入れられる様なりましたしね。
 
しかし、いくら初動がすごくても、予約をとってたんだから、やはりシステムダウンは考えもの。実際に集中するのは、ほんとに最初の数時間だと思うので、もうちょっと回避する方法はないんだろうか?
これまでは、普通のSIMからMicroSIMという切り替えが必要だったはずだけど、棒引きキャンペーンのお陰で、SIMを使ってるiPhoneユーザは減ったはず。次回、MicroSIMのままのiPhone 4/4S→iPhone 5の機種変更なら、特に手続きは後回しで、とりあえず端末をバンバン渡すして、混雑回避とかできるのかな?
 




3 件のコメント

  • auがMMSに対応して(来年1月?)からが本当の勝負だろうなぁ…と思います。
    私の周りのiPhoneユーザーは、MMS対応待ちが多いですよ!
    私(iPhone 4)も、MMSに対応したら移籍を考えています。

  • 俺もauからiphone出たときに
    かなり多くの人がauに流れこむと
    思ってたけど、違いましたね。
     
    でも、既存のauユーザーはある程度ソフトバンクへの流出は避けられたのかなと思います。

  • 徹底した縛りを作ったんだからそんなに急に乗り換えられるわけないだろ。
    これからじわじわ減っていくことがわからないのかね?