Apple Watchがやってのけた、腕時計業界の2つの非常識。

東洋経済ONLINEさんに掲載れていた、Apple Watchについての記事が面白かったので、ご紹介。
 
AppleWatchの質感、実は高級機械式を凌駕 著名時計ジャーナリストが大絶賛
 

スクリーンショット 2015-03-12 午後11.14.07.png

「デジタル製品に対してはまったく免疫がないという時計ジャーナリストの広田雅将氏」の意見を交えて書かれた、ハンズオン後の記事です。
 
 


Apple Watchは、身につけてみると、スマートフォンやデジタルガジェットではなく「腕時計」という感覚の方がしっくりくるようです。
「腕時計」としてみても、その質感や装着感は、高級腕時計をも凌駕しているとのことです。
 
そんな、Apple Watchですが、「腕時計」では、ありえなかった2つのことを実現しているのだとか…。

「アルミケースのApple Watch Sportsも、価格からすれば高精度に作られており、質感も悪いわけではありません。しかし、腕時計は常に肌と接触し、汗に触れる製品です。汗と反応しやすいアルミケースは、これまで多くの一流時計メーカーが挑戦してきましたが、どのメーカーも腐食の問題を克服できませんでした。一方、もしアルミケースの腐食問題をアップルが解決しているのであれば、まさに快挙。すばらしいことです」

マグネットで止めるバンドについては…
「(こうしたバンドの設計は)ありません。なぜなら、マグネットは機械式腕時計に悪影響を与えて狂わせるからです。ではクォーツの腕時計は?となりますが、クォーツでも磁気は厳禁で、近づけただけで狂います。このため、アップルが採用した磁石を使ったバンドは、そもそもが発想として出てこないのです。おそらくですが、アップルは時計業界がマグネットを使った留め具を使わないこと、その理由も理解した上で、マグネットに影響を受けないApple Watchのバンドに使用して装着性面での差異化をしようとしたのではないでしょうか」

 
アルミもマグネットも、これまでありえなかったわけですね。アップルは、特にアピールしているわけではありませんが、「腕時計」を革新するという意味でも、あえて採用しているのかも。
アルミの腐食克服、なんて、極めて地味な技術ですが、そういう技術を持ってるのも、密かにアップルの強みかもしれませんね。
 
元記事は、とても興味深いので、ぜひご一読を。