ソニー・ホンダモビリティ、EVブランド「AFEELA」発表。

ソニーとホンダが手を組んで設立されたソニー・ホンダモビリティが、自動車ブランド「AFEELA」を発表しました。

「CES」のソニープレスカンファレンスで発表されました。

「AFEELA」(アフィーラ)は、FEEL(感じる)を「A」で挟んだ綴りで、「A」は、3つのコンセプトを示しています。
・Autonomy(進化する自律性)
・Augmentation(身体・時空間の拡張)
・Affinity(人との協調、社会との共生」)

AFEELA」のプロトタイプも公開しています。

車内外に計45個のカメラ、センサー等を搭載し、ドライバーの運転状況や走行状態をモニタリングし、不慮の交通事故防止するそうです。

2025年前半からの先行受注を開始し、同年中に発売を予定しているとのことです。


コンセプトは、これまでの車らしからぬ感じがしたのですが、デザインは割と車な感じ。EVになっても車はこれが最適解なのかなぁ。
AppleのEVはどうなってるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。