夏休み特別企画!! 秘蔵カタログで振り返るApple。1980年編

管理人は、1993年ごろからのAppleファンです。

学校の図書館にあった「ラジオの製作」という雑誌に、Macintoshが紹介されているのを見て、初めてAppleを知り、Appleな世界に足を踏み入れました。

その頃から集めているのが、Appleのカタログ。

今では、Appleがオフィシャルに配っている紙のカタログはほぼ見かけませんが、昔はいろいろありました。

夏休み集中企画として、Appleの懐かしのカタログを振り返ってみようと思います。

当時のことにそれほど詳しいわけでもないので、詳しい解説はかけませんが、カタログを眺めていただればと思います。
(画像はクリックで拡大できます)

1980年

管理人所有のほとんどのカタログは、1993年ごろからのものですが、この一冊だけは、なぜか1980年。
ヤフオクで入手したような気がしますがよく覚えていません。

Apple II J-plus

1980年の唯一のカタログが「Apple II J-plus」という製品のものです。

「Apple II」は、Appleがその名を世界(?)に知らしめた、世界初の「パーソナルコンピュータ」とも言われている、歴史的な1台。

「Apple II J-plus」は、その派生機種。ウィキペディアによると…

Apple II plusをベースに、日本向けにカナ文字が表示できるようにしたもの。東レがアップルと代理店契約を結び、1980年9月8日に発売した。

とのことです。

Macだとキャノンというイメージがありますが、「Apple II J-plus」を取り扱っていたいのは東レさんだったんですね。

ソフトは「カセットテープ」でも提供されていました。時代ですね〜。
うちにもMSX用があって「ガピー」ってやってました、懐かしいなぁ。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。