追加費用なし!! Apple Musicが「空間オーディオ」「ロスレス」を6月から提供へ

Appleが、Apple Musicに、ドルビーアトモスによる「空間オーディオ」と「ロスレスオーディオ」を来月から追加費用なしで提供すると発表しました。

Appleは本日、Apple Musicにドルビーアトモスによる空間オーディオを導入することによって、サブスクリプションの登録者に業界最高レベルの音質を提供することを発表しました。空間オーディオは、アーティストがファンに向けて、真の多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感あふれるオーディオ体験を作り出す機会をもたらします。さらに、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、アーティストがスタジオで制作したままのロスレスオーディオで、7,500万を超える楽曲を聴くことができるようになります。これらの新機能は、Apple Musicのサブスクリプションの登録者に来月から追加費用なしで提供されます。

空間オーディオ

ドルビーアトモスは画期的で臨場感あふれるオーディオ体験で、アーティストは周囲のあらゆる方向や頭上から音が聞こえるように音楽をミキシングすることが可能になります。デフォルトで、Apple MusicはH1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォン、および最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生します。

提供開始時点では数千曲で利用可能とのこと。(順次追加される)
W1チップにも対応しているので、AirPodsは初代から全て対応になりますね。


ロスレスオーディオ

Apple Musicで7,500万を超える曲のカタログがロスレスオーディオで利用できるようになります。Appleはすべての音源ファイルの保存にALAC(Apple Lossless Audio Codec)を使用しています。つまり、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、アーティストがスタジオで制作したのとまったく同じものを聴くことができるようになります。

Apple Musicのロスレスのレベルは、16ビット/44.1kHz(キロヘルツ)のCD品質から、最大24ビット/48kHzまであり、Appleのデバイスでそのまま再生できます。また、本物のオーディオファン向けに、Apple Musicは最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供します。

7,500万ということは、ほとんどの曲が対応ですね。全てかな?


来月からApple Musicは、「空間オーディオ」「ロスレス」が追加費用なしで楽しめちゃいます!!
これはもう始めるしかない!!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。