Apple、WWDC2020でARMベースMacへの移行を発表!?

BloomBergさんによりますと、Appleが、WWDC2020で、Macのプロセッサの、IntelからARMベースプロセッサへの移行を発表すると伝えています。

ARMベースのMacが登場するのは、2021年になりますが、開発者に十分な時間を与えるため、今年のWWDCで発表されるとのことです。

新しいプロセッサーは、Appleが設計したiPhoneおよびiPadチップで使用されているものと同じテクノロジーがベースになりますが、iOSではなく、macOSオペレーティングシステムが引き続き実行されるとのことです。


かつて、MotorolaプロセッサからPowerPC、そしてIntelへと、大掛かりなブレイクスルーをやってのけてきたApple。
ARMへの移行は、すでにiOSでの下地があると言えども、やはり大きな転機となりそう。

スムーズでありながら、飛躍的な進化に期待です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。