何が変わった!? Appleシリコン版とIntel版のMacBook Proを比較。


本日発表された、Appleシリコン版Mac。

イベントでは、「M1」チップの凄まじいスペックが紹介されましたが、見た目には現行モデルと変わりません。

チップ性能はもちろんですが、その他には何が変わって、何が変わっていないのか?

Intel版も引き続き販売されている「MacBook Pro」で見ていきたいと思います。

Appleシリコン「M1」搭載のMacBook Air、Proの比較はこちら。


比較モデル

今回比較するのは、MacBook Pro 13インチの2モデル。
ともに、512GBストレージを搭載したモデルです。

Appleシリコン版とIntel版も、チップ(CPU)のスペックの設定は、1つしかありません。
(Intel版は、CTOで上位モデルも選択可能です)

Appleシリコン


8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
8GBユニファイドメモリ
512GB SSDストレージ¹
True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
Magic Keyboard
Touch BarとTouch ID
感圧タッチトラックパッド
Thunderbolt / USB 4ポート x 2

Intel


Intel Iris Plus Graphicsを搭載した第10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.8GHz
16GBメモリ
1TB SSDストレージ¹
True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
Magic Keyboard
Touch BarとTouch ID
感圧タッチトラックパッド
Thunderbolt 3ポート x 4


スペック比較

まずは、スペックの一覧を比較。
異なる部分は、赤い部分。

 Appleシリコン版Intel版
チップ/プロセッサApple M1チップ
(8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載)
第10世代 2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
メモリ8GB
(最大16GB)
16GBメモリ
(最大32GB)
グラフィックス-Intel Iris Plus Graphics
ストレージ512GB SSD
(最大2TB)
512GB SSD
(最大4TB)
ポート2つのThunderbolt / USB 4ポート
4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート
サイズと重量高さ:1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.4 kg
高さ:1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.4 kg
ディスプレイRetinaディスプレイ
13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
Retinaディスプレイ
13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
キーボードとトラックパッドバックライトMagic Keyboard
Touch Bar
Touch IDセンサー
バックライトMagic Keyboard
Touch Bar
Touch IDセンサー
カメラ720p FaceTime HDカメラ720p FaceTime HDカメラ
Wi-Fi802.11ax Wi-Fi 6ワイヤレスネットワーク接続
IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応
802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続
IEEE 802.11a/b/g/nに対応
内蔵アプリ写真
iMovie
GarageBand
Pages
Numbers
Keynote
Siri
Safari
メール
FaceTime
メッセージ
マップ
株価
ホーム
ボイスメモ
メモ
カレンダー
連絡先
リマインダー
Photo Booth
プレビュー
ミュージック
Podcast
TV
ブック
App Store
Time Machine
探す
QuickTime Player
写真
iMovie
GarageBand
Pages
Numbers
Keynote
Siri
Safari
メール
FaceTime
メッセージ
マップ
株価
ホーム
ボイスメモ
メモ
カレンダー
連絡先
リマインダー
Photo Booth
プレビュー
ミュージック
Podcast
TV
ブック
App Store
Time Machine
探す
QuickTime Player
バッテリー58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵58.0Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
バッテリー駆動時間最大17時間のワイヤレスインターネット
最大20時間のApple TVアプリのムービー再生
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のApple TVアプリのムービー再生
電源アダプタ61W USB-C61W USB-C
価格(税別)154,800円188,800円


チップ・プロセッサ

一番違うのが、ここ。

Appleシリコンは、iPhoneなどに搭載されている「A」シリーズのチップが搭載されると思われていましたが、Macに適した設計に再構成された「M1」というチップとなりました。

スペックには

Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した
8コアCPU
8コアGPU
16コアNeural Engine

と記載。

Intelの場合は、クロック周波数が書かれていますが、それはありません。

Appleシリコン版の「MacBook Air」には「7コアGPU」の「Apple M1チップ」もあるので、今後は、コア数でスペックが表現されるのかもしれません。(「M1」も、「M2」、「M3」と進化していくと思われます)

処理速度は、最大2.8倍。
「一世代前のものと比べて」となっているので、現行のInetl版ではないかもしれませんが、それにしても凄い進化です。

グラフィックの処理は、5.9倍。

16コアNeural Engineによる機械学習(ML)は、11倍とのことです。


メモリは半分で十分?

標準搭載のメモリは、半分の8GB。
CTOによる最大メモリも16GBまでと、Intel版の半分です。

超高速ユニファイドメモリを搭載し、半分のメモリでも、同じくらいのスペックが出るということなのかもしれません。


ポートは左だけに


Intel版では、左右に2ポートずつ、Thunderbolt/USBポートが搭載されていましたが、左側のみになりました。

左右に繋げられるのは、便利だったので、ちょっと残念。

新たに「USB 4」という仕様に対応。
あまり聞きませんが、USB 3.2規格(20Gbps)の2倍の速度となっているそうです。


カメラは同じだが…

カメラはのスペックは同じ。

しかし、ここでもM1チップが活躍。
カメラの処理が得意なiPhoneのAシリーズチップの流れを汲むM1チップが、ノイズ低減やホワイトバランスの調整などで威力を発揮します。

また、マイクの性能は、信号対雑音比が向上しています。


Wi-Fi

「802.11ax Wi-Fi 6」に対応。iPhoneにも採用されている新規格です。

最大1.2Gb/sのスループットを叩き出します。


バッテリー駆動時間

パッテリー駆動時間が、最大2倍に!!

これもM1チップの恩恵でしょうね。
Appleシリコンへの移行の恩恵が最も感じられるポイントかもしれません。

これだけの駆動時間があれば、1泊くらいの出張なら、電源アダプタなしでも行けそう。


価格

安い!! 自社チップだからでしょうか、とにかく安いです。

メモリを同じ16GBにしても、179,800円ですので、まだ1万円ほど安いです。

(価格に誤りがあり修正しました。申し訳ありませんでした。)


変わらなかったところ

サイズ、ディスプレイなどは、全く変わりませんでした。

内蔵ソフトも、同じ。すべてAppleシリコンネイティブかはわかりませんが、ちゃんと揃っているのは嬉しいですね。

さらに、AppleシリコンのMacでは、iPhone,iPadのアプリが動作します。


まとめ

安くて、速い、長時間駆動!!

凄いです、AppleシリコンのMac。
レベルが違う感じ。

あとは、アプリがどれだけ動くか。
イベントでは、ネイティブじゃないアプリも、Intel版以上の速度で動く場合もあるとのこと..。

とにかく買って確かめるしかない!!

【追記】Amazonビックカメラ.comiconなどでも注文可能になっています。ポイント付きます!

先日発表された、Appleシリコン「M1チップ」搭載のMac。管理人は、ビックカメラ.comでMacBook Airを注文していましたが、本日出荷!! 明日の発売日には届きそうです。今回、Apple公式ストアではなく、ビックカメラ...




created by Rinker
Apple(アップル)
¥102,080 (2020/12/02 08:50:54時点 Amazon調べ-詳細)
icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。