ハッカーが5億件のiCloudログイン情報でアップルに身代金を要求。ユーザーの対策は

Forbes JAPANさんに、5.6億台のiPhone強制リセット、ハッカーが予告 自分の端末を守るには?という記事が掲載されていました。



記事によると、「ターキッシュ・クライム・ファミリー(トルコ犯罪一家)」を名乗るハッカー集団が、icloud.comとme.comのアカウント最大5億5900万件のログイン情報を入手したと主張し、アップルに「身代金」を要求しているそうです。

「身代金」の内容は、ビットコインなどの仮想通貨、約840万円か、iTunesギフトカード 約1100万円とのことです。
期限は、4月7日。

アップルは、ハッキング被害に遭った事実はないとしていますが、過去にLinkedInがハッキングされた事件で流出したものである可能性もあるそうです。(2012年に、LinkedInから1.17億人分ログイン情報が流出)

本当に5億もの情報が漏れているとしたら怖いはなしですが、記事では、ユーザーの取るべき対策についても紹介しています。

  1. 安全性の高いパスワードに変更
  2. 「秘密の質問」の答えはサイトごとに変える
  3. 安全な電話番号による2段階認証を設定する



一応、身代金要求の期限は、4月7日ですが、早めに手を打った方がいいかもしれませんね。
(対策の詳細は元記事をどうぞ。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。