新型コロナウイルスの影響で「iPhone」の出荷は10%減に?

AppleのアナリストであるMing​​-Chi Kuo氏が、新型コロナウイルスの影響で、2020年の第1四半期のiPhoneの出荷台数10%減になると予測しているそうです。


iPhoneを製造している鴻海精密工業やペガトロンなどの工場は、ほとんどが中国にありますが、春節休暇などにより、操業日数が減少するのが1つの要因。

また、中国の販売店も休業を延長しており、販売台数も落ち込むとみられています。


世界の工場とも言われてる、中国で感染が拡大している新型コロナウイルス。事態が長引けばさらなる影響がでそう。

3月にも発表が噂されている、新型の低価格版iPhoneも、延期になるかもしれませんね。

[via MacRumaors]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。