Apple「Independent Repair Provider プログラム」を日本でも提供。

Appleが、Apple以外の修理業者に純正の部品や修理マニュアルを提供する「Independent Repair Provider プログラム」を全世界で提供すると発表しました。

「Independent Repair Provider プログラム」は、事業規模を問わず修理業を営まれるサービスプロバイダーが、Appleより純正の部品、専用器具、修理マニュアル、診断プロセスの提供を受け、Apple製品に対する安心かつ信頼できる修理を実施するための取り組み。

2019年に米国で開始。昨年には欧州とカナダに拡大され、3ヶ国合わせて1,500拠点で、サービスが提供されています。


これまでは、Apple Storeや、Apple正規サービスプロバイダでしか、iPhoneの正規な修理をすることができませんでしたが、「Independent Repair Provider プログラム」が日本でも提供されることで、多くのiPhone修理業者で、正規の修理できることができるようになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。