「iOS 12.2 Public beta 5」から心電図機能の米国外利用規制やAirPowerサポートが発見される。

engadgetさんに「iOS 12.2パブリックベータ5リリース。Apple WatchのECG地域チェックが厳格化、クレカ管理機能が追加?」という記事が掲載されていました。


記事では、「iOS 12.2 Public beta 5」から新たに見つかった、機能やサービスについて紹介しています。

ざっくりまとめると …

  • ECG(心電図)機能の利用制限強化(地域チェック追加)
  • AppleCareの保証情報が、[設定]アプリ内の[バージョン]セクションに表示
  • ゴールドマンサックスと共同発行するという噂のクレジットカード関連の新機能追加
  • AirPowerのサポート

これまでは、Apple Watch Series 4のECG(心電図)機能は、米国で購入すれば、日本でも使えましたが、新たにキャリアが提供する位置データを使って、チェックするとのことです。
(セルラー対応じゃないApple Watchはどうなるんだろう?)

また、AirPowerサポートとのことで、3月25日のスペシャルイベントで、iOS 12.2がリリースされ、AirPowerも発表となるのかも?





2 件のコメント

  • Apple Watch にはGPSのセンサーが入ってますから、セルラーモデルでなくても位置情報は取られます。

    • もちろんそうなんですが、それならセルラーモデルもGPSでいい気がするんですが。
      なんで、キャリアを絡める必要があるのかなぁ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。