カメラもディスプレイもすべてがプロ!! 「iPhone 13 Pro」まとめ。

本日発表された「iPhone 13」シリーズ。
「iPhone 12」と同じく、4モデルの構成ですが、今回は上位モデルの「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」について、その特徴をまとめておきます。

デザイン

デザインは「iPhone 12 Pro」とほとんど変わりませんが、微妙に違います。

主な違いは、カメラが大きくなっていること。

「iPhone 12 Pro」と比べると、この差です。

サイズは、高さ、幅ともに同じですが、厚みが7.4mmから、7.65mmにアップ。
カメラの出っ張りもアップしているようなので、全体ではさらに厚くなっていると思われます。

重さも増えています。
Proが、189gから203gにアップ。
Pro Maxは、228gから238gに。
(米国版は、Pro:204、Pro Max:240gになっています。「iPhone 12 Pro」同様、日本版は5Gの「ミリ波」非対応なので、その差かな?)

カラーバリエーションも変わりました。
グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色。

「iPhone 12 Pro」で登場したパシフィックブルーは無くなりました。
新色シエラブルーが加わりましたが、パシフィックブルーとは打って変わって、薄めのブルーですね。


外観ではないですが、ディスプレイ上部中央のノッチ(切り欠き)が20%小型化しています。
ノッチの中央にあったスピーカーが、ノッチの上部に移動しています。


A15 Bionic

チップは、「A14 Bionic」から「A15 Bionic」に。
世界最速のスマートフォンチップです。

GPUは4coreから5coreに。
ほかのスマートフォンのチップよりも最大50%速いグラフィックス性能を発揮するそうです。

性能は大幅にアップしながら、バッテリ駆動時間が伸びているのも、「A15 Bionic」のおかげでしょう。


カメラ

イベントのムービーでも、カメラの存在が強調されていましたが、そのサイズだけでなく、スペックも向上しています。
「iPhone 13 Pro」の最大の特徴かもしれません。

「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は、少しスペック差がありましたが、「iPhone 13 Pro」では、スペックは統一されているようです。

マクロ撮影が可能に

新しい超広角カメラは、わずか2センチの距離のマクロ撮影が可能になりました。

光学ズームは3倍に

光学ズームインは、2.5倍から3倍に。
デジタルズームも12倍から15倍にアップしています。

シネマティックモード

動画撮影に、シネマティックモードという新機能が追加されました。

映画などでよく見る、同じ画角で、ピントが手間の人物から、奥の人物に変わるような「ピント送り」という手法が、シネマティックモードでは自動で行えます。

被写体の動きに合わせて、ピントが自動で切り替る機能です。
目立つ被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測。フレームに入った瞬問にフォーカスを合わせることもできます。

さらにさらに、撮影後に、ピントを変更することもできちゃいます。

文字では説明しきれないので、イベントの動画を見ていただくのが早いです。
47分ごろです。



さらなる進化を遂げた「iPhone 13 Pro」のカメラですが、最近のカメラ性能が高すぎて、プロレベルの話になりすぎて、一般ユーザーがついて行けないレベルになっている気もします..。


ディスプレイ

サイズや解像度は変わりませんが、新たに「ProMotion」が搭載されました。
すでに、iPad Proにも搭載されている機能で、リフレッシュレートが最大120Hzになります。

画面の表示内容に合わせて、リフレッシュレートが自動で変更されます。
例えば、web画面をフリックして表示内容が素早く変わり場合は120Hzに。画面が静止している場合は10Hzになるなどします。

リフレッシュレートは、バッテリーの駆動時間にも影響するため、自在に変更することでバッテリー消費を抑えることができます。

これまでのiPhoneのリフレッシュレートは60Hzで、120HzのiPad Proを触った時は、かなりぬるぬる動くように感じました。

明るさも最大25%アップしており、日光の下でもより見やすくなっています。


バッテリ駆動時間

ここまで性能がアップしても、バッテリ駆動時間は長くなります!!
「iPhone 13 Pro Max」は、iPhone史上最長となりました。

「iPhone 13 Pro Max」は、最大2.5時間、「iPhone 13 Pro」は最大1.5時間長くなったと説明されています。

しかし、詳しい値を見てみると、

 iPhone 13 ProiPhone 12 Pro
ビデオ再生最大22時間最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大20時間最大11時間
オーディオ再生最大75時間最大65時間
「ビデオ再生(ストリーミング)」は、なんと9時間も延びています。
「最大1.5時間長く」というのは、カメラやゲームなどの重い処理も含めて、いろいろな使い方をしたトータル平均ということなのだと思われます。
動画再生で主に使う方は、もっと長く使えるようになりそうです。


その他

その他の「iPhone 12 Pro」からの変更点をまとめます。

1TBモデルが登場

容量は、128GB、25GB6、512GB、1TBの4つに。

eSIMがデュアル

デュアルeSIMがサポートされました。


価格

税込価格です。

 iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
128GB122,800円134,800円
256GB134,800円146,800円
512GB158,800円170,800円
1TB182,800円194,800円

ProとPro Maxの価格差は1.2万円となっています。

iPhone 13」とは、2.4万円差です。


発売日

9月17日午後9時から予約受付を開始。
9月24日から発売されます。

「iPhone 12 Pro」は販売終了。
iPhoneのラインアップはこのようになりました。

ちなみに、管理人の「iPhone 12 Pro 256GB」から「iPhone 13 Pro 256GB」に乗り換えだと、下取 71,000円なので、63,800円で購入できます。


まとめ

新しくなった「iPhone 13 Pro」。
カメラとディスプレイの性能アップが目玉。そして、それらを支える「A15 Bionic」。
駆動時間が長くなったり、ノッチが小さくなった点も見逃せません。

価格が高いだけに、「iPhone 12 Pro」からの乗り換えはちょっと悩むけど、それ以前のiPhoneからは、ぜひ買い替えを検討されてはいかがでしょうか。


「iPhone 13」シリーズも、12と同様に充電器が付属していません。
充電器を検討される方は、こちらの記事もどうぞ。

ついに発表された「iPhone 13」。「iPhone 13」「iPhone 12」シリーズは、付属品がケーブルのみ。充電器(電源アダプタ)は付属していません。しかも付属のケーブルも、従来の「USB-A Lightningケーブル」ではなく、「USB-C Lightinigケーブル」に変更。いままでのiPhoneに付属の充電器では使用できません。(従来のUSB-Aのケーブル&充電器を使えば、遅いですが充電は可能です。)(「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」には、USB-Cのケーブルと、USB-C充電器が付属でしたので、そのまま使えます。)でも、「USB-C Lightinigケーブル」と、...


ケースのセールも始まっています。

発表されたばかりの「iPhone 13」ですが、早速対応ケースやフィルムのセールがスタートしています。SpigenSpigenは、iPhone 13シリーズ用ケース・ガラスフィルムの発売を記念して、Yahoo/PayPayモールで30%FFクーポンセールを開始しました。最新iPhoneのアクセサリが、いきなり30%OFF。セール期間は、9月17日(金)まで。CYRILLiPhone 13シリーズ用のケース「カラーブリック」、「レザーブリック」、「セシル」、「クラシックチャーム」の30%OFFセールを開始しています。セール期間は、9月19日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。