第4四半期の「iPhone 14 Pro/Max」出荷数が2000万台減!?


Apple製品のリーク情報でおなじみのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)が、第4四半期の「iPhone 14 Pro/Max」出荷台数が、最大2,000万台減る見込みだとレポートしています。

レポートによると、市場予想では8,000万〜8,500万台が出荷されるとされていましたが、これを約20%下回るとのことです。

原因は、先日ご紹介した中国のFoxconnの工場でのデモ。

中国FoxconnのiPhone工場で大規模な抗議デモが起こる。

2022年11月23日
このデモにより、11月の工場の稼働率は20%ほどに落ち込んでいるとのことです。

12月は改善する見込みとのことですが、20%減はAppleにはかなりの痛手のはず。
今後のモデルでは供給リスク低減のため、生産先の分散が進みそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。