iPhone 8はフロントカメラが違う!! 革新的な3Dセンシング技術を搭載か!?

9TO5Macさんによると、KGIのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が、次期iPhone「iPhone 8」では、フロントカメラが、革新的な新技術が搭載されるとレポートしてるとのことです。


新しいフロントカメラには、3D空間を感知できる赤外線モジュールが搭載されるとのことです。
赤外線モジュールは、Lumentumの赤外線送信機と、Foxconn / Sharp製の受信機で構成され、物体から跳ね返る信号を検出することによって、その形状を認識するそうです。

この技術は、2013年にアップルが買収した PrimeSenseによって開発されたアルゴリズムが使われているとのことです。


今までにないだけに、どの程度の距離、範囲が、どんな精度でセンシングできるのか、全く想像がつきませんが、可能性も色々ありそうで、楽しみな機能ですね。

iPhone 8については、次々に新機能の噂が出てきますが、果たしてどこまで本当なのかな。10周年だから期待はしてるんだけど、あまり期待しすぎて、9月にがっかりすることがないといいけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。