LINE移行ソフト「iTransor for LINE」でAndroidからiPhoneへトーク履歴を引き継いでみた。

娘が家専用でWiFi端末として使用していた古いAndroid端末があったのですが、この春から娘もiPhoneデビュー!!ということで、AndroidからiPhoneへの移行作業が必要になりました。

Appleは、iPhone移行用のAndroidアプリ「iOSに移行」を提供しており、簡単に移行できるようになっています。

しかし、困ったのが、娘がAndroidで主に使用していたアプリ「LINE」の移行です。

同じOS間での移行は簡単なのですが、Android⇔iPhone間の移行はちょっと難しい上に「トーク履歴が引き継げない」という制約があります。

しかし、娘はトーク履歴を残したいとのことで、何とか方法はないか調べたところiTransor for LINEというソフトを使えばできることがわかりました。

ということで、今回は「iTransor for LINE」をご紹介します。


「iTransor for LINE」とは?

iTransor for LINE」は、LINEのトーク履歴のバックアップと引き継ぎを簡単にしてくれるソフト。Windows版とMac版があります。

具体的には以下のことが可能です。

  • LINEのデータを iPhone / Android からパソコンへバックアップ
  • LINEのバックアップファイルからデータを自由に選択してPCに保存
  • AndroidとiOSデバイスの間(iOS⇔Android)、同Android / iOS間の直接転送
  • LINEデータをバックアップファイルからiOS / Androidに復元
  • HTMLやPDF、CSV / XLSなど、多様な形式でトーク履歴をエクスポート


今回の目的は、AndroidからiPhoneへの移行ですが、いきなりはちょっと不安だったので、まずはAndroidからMacにバックアプをしてみました。


Androidのトーク履歴をMacにバックアップする

それでは、手順を説明します。
こちらが「iTransor for LINE」の画面。
バックアップはこちらのタブから行います。

操作方法を詳しく案内してくれるので、その通りに進めていきます。
まずは、MacにAndorid端末を接続します。


最初にAndroidの設定をいじります。
iTransorのソフト側からAndoridをコントロールする必要があるので、開発者向け設定をONにするなど、設定を変更します。

普段あまり関わらない設定画面なので、ちょっと不安でしたが、指示の通り操作すれば完了できました。


一旦古いバージョンのLINEをインストールするという手順となります。
ちょっとややこしそうですが、指示の通り進めれば問題ありません。


古いバージョンのLINEをインストール。


ストレージへのアクセスをONに。


バックアップが始まります。


バックアップ完了です。
完了後は、Andridに最新バージョンのLINEをインストールする必要があります。そこは手動です。


以上で終了です。
10分かからないくらいの作業でした。 

続いて、問題なくバックアップができたのか? Mac上でバックアップを確認してみます。


バックアップ確認や書き出し

バックアップの確認は、こちらから行います。


LINEのトークがこのような形で表示されます。
トークの履歴もそのまま表示されますし、写真や動画もバックアップされています。

バックアップしたデータは、「iTransor for LINE」上で閲覧するだけでなく、書き出しも可能。HTML、PDF、CSVなどの形式で保存できます。

こちらは、HTMLで書き出し、ブラウザで開いたところ。
LINEのトークのような表示がブラウザ上で再現されています。


AndroidからiPhoneへの移行

それでは、最初の目的の「AndroidからiPhoneへの移行」を行なっていきます。

先ほどMacにバックアップしたデータをiPhoneへ移すこともできますが、今回は直接移行する方法でやってみます。

デバイス間でのデータ移行は、こちらのタブで行います。

まず、AndroidとiPhoneの両方をMacに接続します。


Android側のデータを吸い上げるまで操作は、バックアップの操作と同じ手順になりますので、詳細は割愛します。


ここからは、移行先となるiPhone側の操作となります。

まず、「iPhoneを探す」をOFFにします。


LINEにログインし…


データを転送します。


完了です。

AndoroidからiPhoneへの移行も問題なく完了できました。


移行先のiPhoneのLINEを確認すると、トークがそのまま移行できていました。


まとめ

通常ではできない、AndroidからiPhoneへのトーク履歴の移行を無事に完了できました。

手順の途中、ちょっと難しい設定もありますが、iTransorが詳しく手順を教えてくれるので、ほとんど困ることはありませんでした。

また移行だけでなく、PC、Macにバックアップが取れるのも魅力。
何年もLINEを使っていると、iCloudへのバックアップ容量が大きくなってしまいます。そんな時は、iTransorでMacへバックアップして、iCloudのバックアップデータを削除すれば、iCloudを軽くすることもできると思います。

iTransor for LINE」は、AndoroidからiPhoneへのトーク履歴の移行ができる数少ないソフト。
移行が必要になったら、ぜひご検討されてはいかがかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。