ロジクールからiPad Pro用キーボード一体型ケース登場!! Apple純正と比較してみた。

ロジクールさんが、iPad Pro11インチ、12.9インチモデル用のキーボード一体型ケース「SLIM FOLIO PRO」を6月20日から発売すると発表しました。

本製品は「iPad Pro」に対応したキーボード一体型ケースで、「iPad Pro」を携帯性を維持しながら、ノートPCのように扱うことができます。

また、キーボードのバックライトも採用しています。バックライトの搭載により、プレゼンテーションやセミナー会場のような暗所でも活用しやすくなり、さらに生産性を高めることができます。

Appleからも純正の「Smart Keyboard Folio」が販売されていますが、ついにロジクールからも登場です。

他にも、安いものが多数出ていますが、やはり信頼できそうなのは、Apple純正とロジクールの2択。
迷われる方も多いと思いますので、純正とどこが違うのか? 比較してみたいと思います。(主に11インチ用で比較)


デザイン・サイズ


左がApple純正「Smart Keyboard Folio」、右がロジクールの「SLIM FOLIO PRO」。

「Smart Keyboard Folio」は、iPadのサイズぴったりに作られてスリムな感じがしますが、「SLIM FOLIO PRO」は、iPadのコーナーまでがっちりガードしています。

サイズ、重さは…(厚さは、iPad込みのサイズ)

「Smart Keyboard Folio」
 サイズ:248mm x 180mm x 12mm
 重量: 295g

「SLIM FOLIO PRO」
 サイズ:253mm x 195mm x 22.55mm
 重量: 552.42g

「SLIM FOLIO PRO」が、iPadの側面まで保護している分、大きくなっています。
また、厚みがかなり違います。その理由は、後ほど。


構造・角度

構造は、どちらも似ています。

iPad Proの背面から保持して、立て掛ける方式。

少し違うのは「Smart Keyboard Folio」は、マグネットでiPadを保持するのに対して、「SLIM FOLIO PRO」はコーナーで保持しています。
「Smart Keyboard Folio」は、少し外れやすい感じもするので、「SLIM FOLIO PRO」はその点、安心かもしれません。


「SLIM FOLIO PRO」が調整できる角度は、
 タイピングモード:58度
 スケッチモード:10度
の2種類。

「Smart Keyboard Folio」は、2種類の角度でのタイピングが可能。
非公式ですが、一応スケッチモードような使い方もできます。


キーボードの仕様


 配列キーピッチキーストロークショートカットキー
(ファンクションキー)
バックライト
ロジクール
「SLIM FOLIO PRO」
US配列17mm1.6mmiOS対応の14個搭載
明るさ3段階
Apple
「Smart Keyboard Folio」
日本語(JIS)
英語(US)
など6種類
18mm1mmくらい無し無し

「SLIM FOLIO PRO」には、ショートカットキー、バックライトがあるのが大きな違い。

ショートカットについては、「Smart Keyboard Folio」では、オンスクリーンの「ショートカットバー」という機能が使えます。



キーボードの構造、質感はずいぶん違います。
「SLIM FOLIO PRO」は、普通のキーボードという感じ。
打鍵感は、触ってみないとわかりませんが、見た感じは「SLIM FOLIO PRO」の方が良さそうです。

このキーボードの構造の違いや、バックライトの搭載で、「SLIM FOLIO PRO」の方が厚さや重さが増しているようです。


Apple Pencil対応

どちらも、Apple Pencilに対応していいます。

と言っても、「Smart Keyboard Folio」は、側面は空いているので、そこでApple Pencilを充電するだけです。
マグネットでついているだけで、自然には取れませんが、どこかに引っ掛けて落としてしまうこともあるかもしれません。

「SLIM FOLIO PRO」は、カバーにApple Pencilを差し込んで、しっかりと保持することができます。このまま閉じても、Apple Pencilの充電もできるようですが、Apple Pencilの差し込む向きには、注意が必要かもしれません。


充電・通信

「Smart Keyboard Folio」は、iPadの背面にある「Smart Connector」で、データと電力がやりとりされるシンプルな方式。
充電の心配や、Bluetoothのペアリング操作など、全く不要です。

「SLIM FOLIO PRO」は、充電式。1回の充電で、3ヶ月使用できます。(1日2時間使用)
通信は、Bluetooth Low Energyです。


価格

最後に価格です。
(税込。「SLIM FOLIO PRO」はオープン価格なので、調査時点でのAmazon価格を記載)


11インチモデル用


12.9インチモデル用


お好みでどうぞ

どちらも一長一短ありますが、ざっくり言うと

コンパクトさ、スマートさなら、Apple純正「Smart Keyboard Folio」。

タイピング、機能重視なら、ロジクール「SLIM FOLIO PRO」。

って、とこでしょうか。

どちらにしても、iPadにキーボードを追加すれば、用途が広がるのは間違いないです!!



created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,988 (2019/10/17 15:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥24,170 (2019/10/17 15:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。