楽天モバイル、楽天回線エリア人口カバー率96%到達を発表。

楽天モバイルが2月4日に、楽天回線エリア人口カバー率が96%に到達したことを発表しています。

元々楽天モバイルは、2026年3月末までに人口カバー率96%を目指していましたが、2021年夏頃までに計画を前倒し。

しかし、2021年7月に半導体不足の影響で「2021年内」へと後ろ倒しに。
さらに2021年10月には、2022年2月~3月にずれ込むことを発表。

と紆余曲折ありましたが、ついに96%達成となりました。

ただし、ここからが大変。
ソフトバンクのCEOの宮内 謙氏によると「96%→99%は兆単位のコストがかかる」とのことです。

管理人も楽天モバイルを使っており、それなりに楽天エリアは増えてきたと感じていますが、楽天の無料通話アプリ「Rakuten Link」での通話品質がひどい…。安いから割り切って使ってはいますが。

エリアも改善して欲しいけど、そこの辺りも見直して欲しい。


楽天モバイルの3ヶ月無料キャンーペーンは、2月8日まで。
eSIM対応ですので、iPhoneに2回線目としても入れられます。ぜひどうぞ。
今なら、エントリー&楽天モバイル申込で、楽天市場でのお買い物がポイント+9倍に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。