Ankerから新型登場!! 主要3社のUSB PD 60W級 充電器比較。

PD対応デバイス、充電器が続々と増えている中、いよいよAppleは、次期iPhoneでは充電器の付属をやめるいう噂も…。
この流れは、他のApple製品や他メーカーにも広がるかもしれません。

ということで、ますます注目度が上がるUSB PD対応の充電器。
Ankerさんから新型が出ましたので、60W級の充電器の主要モデルを比較してみたいと思います。


御三家のモデルを比較

今回比較するのは、管理人が勝手に「充電御三家」と思っている、充電器やモバイルバッテリーでおなじみの3社。

「Anker」「RAVPower」「AUKEY」の3社です。

比較するモデルは、こちら。


Anker PowerPort III 65W

まずは、Ankerさん。

Ankerさんからは、昨日発売された「Anker PowerPort III 65W

最大65W出力。MacBook Proを含むノートPCやタブレット端末、スマートフォンなど、多くの機器でフルスピード充電が可能です。

海外用電源プラグを付属しているのも特徴。
日本だけでなくイギリスやヨーロッパを含む70カ国以上でご利用可能です。取り外し可能な海外用電源プラグ(BFタイプ × 1、Cタイプ × 1)を付属しています。

通常価格は、3,690円ですが、初回100個限定で20%OFFの税込2,952円で販売中です。


RAVPower RP-PC112

続いては、RAVPowerさん。
RP-PC112

新素材 GaN (窒化ガリウム)採用のコンパクトな充電器。
最大出力は、61W。


AUKEY PA-D4

AUKEYさんからは、こちら。

PA-D4

こちらもGaN (窒化ガリウム)採用。

今回の3モデルの中では、最もお買い得なモデルです。


スペック比較表

それでは、スペックなどを比較してみます。

 Anker
PowerPort III 65W
RAVPower
61W USB-C
(RP-PC112)
AUKEY
60W PA-D4
カラーホワイトホワイト、ブラックブラック
サイズ約58 × 56 × 28 mm
(体積:90,944立方ミリメートル)
49 x 49 x 32 mm
(体積:76,832立方ミリメートル)
64 x 60 x 29mm
(体積:111,360立方ミリメートル)
対応規格PowerIQ 3.0 (Gen2)
(Anker独自技術。USB Power DeliveryやQualcomm Quick Chargeなどと互換性あり)
USB-C Power Delivery3.0USB-C Power Delivery3.0
重量140g105g122g
入力仕様100 - 240V ~ 2.1A 50 - 60HzAC 100V-240V 50/60Hz 1.5A100–240V 50/60Hz
出力仕様5V=2.4A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3.25ADC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W5V=3A、9V=3A、12V=3A、15V=3A、20V=3A
プラグ折りたたみ可(国内用プラグの場合)
保証期間18ヶ月保証18ヶ月+12ヶ月(製品登録後)2年
その他特徴取り外し可能な海外用電源プラグ(BFタイプ × 1、Cタイプ × 1)を付属
価格3,690円ホワイト:3,999円
ブラック:4,199円
2,549円

それぞれ特色がありますね。

サイズではRAVPower、コストならAUKEY、海外での対応力ならAnker、という感じかな。


まとめ

60Wクラスなら、iPhone、iPadはもちろん、MacBookシリーズにも十分対応できます。

今回紹介した3台は、有名メーカーで、保証も充実しており安心して使えると思います。

これから、ますます普及するPD関連商品。何台あっても困らないと思います。
自分の使用スタイルにあった一台をぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。