ケースのまま使えるDock「iPhone 3G可変式USBクレードル」を試す。

先日ご紹介したケースを着けたまま使用可能なiPhone用Dock「iPhone 3G可変式USBクレードルが届きましたので、レビューをお届けします。
 

caseokuredoru001.jpg caseokuredoru002.jpg

パッケージ。思ったよりでかいですね。
 
 

caseokuredoru003.jpg caseokuredoru004.jpg

黒光りして、高級感がありそうに見えるかもしれませんが、実物の質感は、結構チープです。
Dock部分が前後に可動するようになっています。
 

caseokuredoru006.jpg caseokuredoru007.jpg

背面のバーツを外すと、小物入れに。Dockケーブル等を収納できます。
 

caseokuredoru009.jpg caseokuredoru0014.jpg

背面にはDockコネクタ。ケーブルは付属していないので、iPhoneに付属していたケーブル等を使う必要が有ります。
アップル純正のDockと比べてみました。やっぱりでかい!!
 

caseokuredoru0011.jpg caseokuredoru0010.jpg

まずは、ケースの無い状態でセット。問題なセットできます。
Dockコネクタを一番後ろに稼働させると、ちょうどいい感じ。
 

caseokuredoru0016.jpg caseokuredoru0018.jpg

続いては、シリコンジャケット「ICEWEAR for iPhone 3G。ケースの中でも、かなり幅が大きいタイプ。
やはり幅が大き過ぎて、入りません。商品説明によると「カバーを使用時は横幅65mmまで対応」とあります。これを超えちゃってるみたいです。
 

caseokuredoru0025.jpg caseokuredoru0026.jpg

最後に、定番のハードジャケット、パワサポの「Airジャケットセットを試します。
こちらは全く問題無し。横幅にも余裕があります。
 
caseokuredoru0031.jpg純正Dockでもそうですが、クレードル自身がそれほど重みがあるわけではないので、iPhoneを外す時に、iPhoneだけを引っ張ると、クレードルが浮いてしまいます。
指をクレードルの後ろ側に添えて、iPhoneを抜く様にすれば、片手で外すことができます。

 
ちょっと気になるのは、Dockコネクタの可動が若干緩めであること。
iPhoneをセットする時にズレてしまうことがあります。iPhoneと背もたれの間隔が調整できるように、コネクタが可動式なのに、結局コネクタ位置がずれて、隙間できちゃうことがあります。
まぁ、少々隙間ができても、Dockの接続には問題ないわけですが..。
 
 
チープさと、サイズ、可動コネクタの緩さが気になりますが、片手で脱着できるのはとても便利。
ケース派の方は、選択肢の1つかと思います。
 
 
「iPhone3G USBクレードル」を探す⇒Amazon楽天Yahoo!ショッピング
iPhone 3G対応のDock、バッテリ関連グッズカタログはこちらです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。