最強のiPhoneリモコン化グッズ「iRemocon」を試す。その5

iPhone等を赤外線リモコンにできる「iRemoconのレビューその5、最終回です。(その1その2その3その4
今回は、他のリモコンアダプタではできなかった初めての機能、おうちの外からの操作を試します。
 
これまでのリモコンアダプタは、iPhoneに直接接続したアダプタから赤外線を送信したり、Bluetoothを経由して据置型のアダプタから送信するというものでした。
しかし、iRemoconは、Wi-Fi経由。アダプタ自体もLAN接続されており、ネットワークを介して、家の外からでも操作できるという機能があります。
 
 


まずは、iRemoconへの外部からの接続をONにします。
 

iremooov_1.jpg

設定メニューの「本体機器設定」へ。
 

iremooov_3.jpg

接続されているiRemoconを選びます。
 

iremooov_5.jpg

一番上の「外出先からの操作」をONにします。
 

iremooov_2.jpg

リモコンに戻ると「外部サーバへの接続」のメッセージ。これで、Wi-FiをOFFにしても大丈夫です。3G回線で、どこからでもリモコン操作ができます。
 

iremooov_4.jpg

ボタンを押すと確認メッセージが出ます。家の外からですので、誤操作がなにように、という配慮ですね。
 
 
ということで、とても便利な機能!! と言いたいところですが、実際何に使うかは、難しいところもあります。
まず、何かの電源のON/OFFをしたい場合、通常ONとOFFは同じ信号なので、今ONしているのか、OFFしているのか外出先からは分かりません。エアコン等、一部の機器ではONとOFFに別々の信号が割り当てられているそうですが、それ以外ではどう使うか難しい所。
まず思いつく使い方は、家に付く前にエアコンをONして、部屋の温度を調整しておきたいってことですが、この節電の時代にそれもどうかなぁ….。
 
どんな使い方ができるかは、アイデア次第。考えれば、思わぬ便利な使い方があるかもしれません。
(実家に置いて,機械音痴なじいちゃん、ばあちゃんを助けてあげるとか..)
iRemoconにはタイマー機能等もあって、それらを使えば、いろいろ節電アイデアがあるみたいです。こちらのページも参考にどうぞ。ちなみに、iRemoconの電気代は1日で0.63円だそうです。
 
 
「iRemocon」を探す⇒Amazon楽天
「Unity Remote」を探す⇒Amazon楽天ふもっふのおみせVintage Computer

 
 
iPhoneリモコン化関連記事
アダプタ不要でiPhoneがリモコンに!! UnityRemoteを試す。
iPhoneがリモコンに!! 赤外線アダプタ「L5remote」を試す。