Leopard延期で、日本のiPhone発売も早くならないかなぁ。

アップルが、次期Mac OS X Leopardの発売を今春から10月に延期しました。
 
これだけなら、iPhoneと何の関係もありませんが延期の理由が「携帯電話端末「iPhone」の開発にOS開発チームの人材をあてたため」っことらしいです。
 
iPhoneファン目線で言えば、これは喜ばしい事ですが、一つ残念なことも。
先日の記事で、6月11日と確定的だったiPhoneの発売日ですが、アップルの発表では「6月下旬」となっているようです。
ということで、本当の発売日はまた謎になってしまいました。
まあ、日本での発売はまだまだ先なので、関係ないといえば、関係ないけど。
 
アップルがiPhoneの開発に人材をシフトしたことで、日本版の発売も早くなったりしないかなぁ。と密かな期待を抱くのでした…。(多分無理だろうけど)


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。