発売遅延中の「AirPods」原因は製造ではなく技術の問題?

ITProさんに、Appleの「AirPods」、発売遅延の原因は音声同期技術の問題か?という記事が掲載されていました。
 

スクリーンショット 2016-12-12 21.29.48.png

 


10月後半に発売が予定されていた「AirPods」ですが、いまだ販売は開始されていません。
その理由について、米Wall Street Journalなどの米メディアが伝えているそうです。
 

今回の報道によると、AirPodsは一般的なワイヤレスヘッドホンとは異なり、片方のヘッドホンで信号を受け取り、それをもう片方のヘッドホンに送るのではなく、左右両方のヘッドホンが独立してiPhoneなどのApple製機器から信号を受け取る方式をとっている。しかしこれに関し、Appleはその技術を確実なものにする必要があると事情に詳しい関係者は話しているという。

製造上の問題ではなく、技術的な問題があるとのことです。
AirPodsの他にも、片耳だけで使える独立タイプのワイヤレスヘッドフォンはありますが、AirPodsだけがこの問題を解決できないのかなぁ。
かなりAirPodsの基本的なところな気もするし、今回の情報はちょっと怪しいかも?
 
ティムクックCEOは、AirPodsについて「数週間以内に出荷されるだろう」と話したとのこと。年内には出て欲しいなぁ。
 
 
Yahoo!ショッピング




1 個のコメント

  • てっきりBT5が制定されるのを待ってただけかと思ってましたけどねw