iPod touch VS iPhone 徹底比較!! 改定版。

先日、iPod touch VS iPhone 徹底比較!!という記事を書きましたが、その後、iPod touchについて、詳しい情報が入ったり、自分なりに再考したりしたので、ちょっと改訂しておきます。



 
 

 

 

 

 
colspan=”3″

 

 

 
 

 

 

 

 

 


iPod touch iPhone
デザイン
外観 specs_ipodtouchdimensions_20070905.png specs_measurements20070627.png
サイズ 110×61.8x8mm 115x61x11.6mm
重さ 120g 135g
裏面のデザイン 鏡面 梨地
ハード仕様
ディスプレイ 3.5インチタッチクスリーン
480×320ピクセル
3.5インチタッチクスリーン
480×320ピクセル
GSM Quad-band (850, 900, 1800, 1900 MHz)
Wi-Fi 802.11b/g 802.11b/g
Bluetooth
もしかしたら…
Bluetooth 2.0
カメラ 200万画素
マイク 搭載
スピーカー
(クリック音用は有り?)
搭載
記憶容量 8GB/16GB 4GB(販売終了)/8GB
バッテリ駆動時間 音楽再生:22時間
ビデオ再生:5時間
音楽再生:24時間
ビデオ再生:7時間
ボタン HOLDボタン
メニューボタン
HOLDボタン
メニューボタン
消音スイッチ
音量調節ボタン
ソフト
Safari 搭載 搭載
YouTube 搭載 搭載
iPod 搭載 搭載
マップ 搭載
Mail 搭載
Phone 搭載
SMS 搭載
iTunes Wi-Fi Music Store 搭載 搭載
カレンダー 搭載
(ただし予定の入力不可)
搭載
時計・電卓 搭載 搭載
カメラ 搭載
アドレス帳 搭載 搭載
株価・天気 搭載
付属品
Dock
(スタンドは付属)
有り
ヘッドホン iPod標準タイプ マイク&リモコン付
ヘッドセット
ACアダプタ 有り
その他の付属品 USBケーブル
Dockアダプタ
クロス
スタンド
USBケーブル
クロス
日本語対応
日本語表示 完全日本語対応 基本的に英語
Webや曲名の日本語表示可
日本語入力 可能 不可能だが、手段はあり
付属品
価格 8GB:$299(36,800円)
16GB:$399(48,800円)
8GB:$399

 
改訂するとこのようになりました。細かい項目でみると、結構差がありますね。
私が気なる点について、一言、二言。


 
・iPhoneには、スピーカーが搭載されている。

先日iPod nanoを購入。私にとっては、初めてビデオを見られるiPodです。

早速ビデオを見てみたのですが、音が出ない!! 不思議に思っていると、よく考えたらヘッドホンをしていません!!(爆) そうでした、iPod nanoにスピーカーがあるわけがありません。

すっかり、iPhoneでYouTubeを見たりするのに慣れていたので、ヘッドホンをするということを忘れていました。

家の中で、わざわざ小さい画面のiPod nanoでビデオを見るということは、あまり無いかもしれませんが、iPod touchやiPhoneくらいのサイズであれば、ちょっとゴロ寝しながらビデオでも見るか、ということもあるでしょう。そんな時スピーカが搭載されているとかなり便利です。寝ながらヘッドホンしていると耳が痛そうですし。これは、意外に大きなメリットかもしれません。(まあ、親指ほどサイズのスピーカも出てるので、そういうのを使うという手段もありますが。)



iPod touchは、カレンダーで予定の新規入力ができない

iPhoneでは、カレンダーというスケジュール管理ソフトに予定を追加することができます。しかし、iPod touchは、追加できないそうです。(パソコンで作成した予定を同期することは可能)

こちらの記事によると、この違いについてアップルのStan Ng氏は、「iPod touchはあくまでも“iPod”。コンテンツを楽しむためのエンターテイメント指向の製品だから」とのこと。微妙な差ですが、ちゃんと棲み分けされているんですね。



・iPhoneのヘッドホンにはリモコンがついてる

iPhoneに付属のヘッドホンには、小型のマイク兼、リモコンがついています。通話できないので、マイクはどうでもいいですが、このリモコンが秀逸!!

あっても無くても気ならないの程の、小型軽量。操作は1回押すと再生/停止、2回押すと次の曲へ、というシンプルなものですが、あるのとないのでは、大違いです。

試しにiPodでも使ってみましたが、リモコンとしては機能しませんでした。


ということで、いろいろ違いが見えてきたiPhoneとiPod touch。でも、やっぱり最大の違いは、iPod touchは日本語対応している。ということですね。(毎回しつこくてすいません…。)


Apple Store(Japan)

 


 




6 件のコメント

  • billyです。おはようございます。
     
    「iPod touch」との比較、私はやはり「スピーカー」の有無を評価しますね。
     
    iPhoneを利用していて感じるのですが、自宅や出先(飲み屋)etcで、Videoを閲覧しているとスピーカは必須ですよね。
    私などは、「FinalCutStudio」を持っているので自分の気に入った映像やテレビを編集し、楽しんでいます。
    そんなときに、周りが迷惑する環境(電車etc)で無ければ、スピーカーで見ています。気分いいですよ。
     
    でも、気になるのはAppleサイトのiPodtouchのページのデザインビューを拝見すると、iPhoneのスピーカーと同じ位置が同様の「吹き抜け穴」がある点です。
    もしかして・・・
     
    あと1つ、ちょっとしたことですが、コメントさせてください。
     
    それは、「イヤホンジャックの取り付け位置がホームボタン側にある」点です。
    これについては、Videoを拝見しているときiPodtouchは左側面を下にしますよね。
    その場合、右手でiPodtouchを握るとイヤホンジャックが邪魔しませんか?
    デリケートなジャックにストレスがたまると、接触不良の心配があります。
     
    皆さんはどう感じますか?

  • はじめまして。
     
    私もtouchの登場に興奮したのですが、物足りなさを感じます。
    イヤホンの位置はとても納得がいかず、billyさんと同じく画面を倒した時に邪魔になると思っていたのですが、動画で右側面を下にしても平気でした。
     
    iPhoneもそうでしたよね?そうであったと願います。
     
    シルバーフレームがかっこいいので日本でも発売して欲しいものです。

  • billyさん 
    >AppleサイトのiPodtouchのページのデザインビューを拝見すると、iPhoneのスピーカーと同じ位置が同様の「吹き抜け穴」がある点です。
    マジですか!! どこの絵かな?ぜひ詳しく教えてください。
     
     
    genkuさん
    iPhoneでは、YouTubeや、ビデオを見るとき、必ず左側面が下になります。SafariやCoverFlow逆も可能なのですが。
    でも、この点は後でソフトバージョンアップでどうにでもなるかもしれません。

  • billyです。おはようございます。
     
    >>AppleサイトのiPodtouchのページのデザインビューを拝見すると、iPhoneのスピーカーと同じ位置が同様の「吹き抜け穴」がある点です。
    >マジですか!! どこの絵かな?ぜひ詳しく教えてください。
     
    スミマセン。私の勘違いでした。
    Apple.com/jpサイトのiTunes-wifistoreサイト
     
    http://www.apple.com/jp/itunes/store/wifistore.html
     
    の2台を確認したときのミスです。
    1台(倒れている)は「iPhone」なのですね。
     
    今後は気を付けます・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。