巨大な壁が消えた!! スティーブ・ジョブズ・シアターの秘密。

iPhoneの発表イベントの会場となった「Steve Jobs Theater」。

Appleの新社屋の一画にあり、全面ガラス張りに、丸い屋根が印象的な建物となっています。しかし、その大部分は、実は地下にあることは、以前ご紹介しました。

空から「Steve Jobs Theatre」を見てみよう。
9月12日に、iPhoneが発表されるイベントの開催場所となっている。「Steve Jobs Theatre(スティーブ・ジョブズ・シアター)」。前の記事では、その内部の写真をご紹介しましたが、その外観や構造はどうなっている...

約1000人が収容できるシアター部分の他にも、円形のガラス張りの建物の、真下の地下部分にも、秘密があるそうです。

その秘密を紹介されていてるのが、flick! Newsさんのこちらの記事。

図説! スティーブ・ジョブズ・シアターの秘密
会場からも興奮してレポートしたのですが、まったく伝わってなかったことに、Steve Jobs The

写真だけではわかりにくい「消える壁」について、図解で紹介しています。

イベント開始前は、巨大な柱のような壁

flick! Newsさんより

イベント開始前、参加者が地下に降りていくと、地下のスペースは、巨大な柱のような壁だけがある状態。壁の周りにわずかな通路があるだけでした。

イベント後には、ハンズオンのスペースが現れる

イベントが終わり、シアターから参加者がで出てくると、そこには発表されたばかりの新製品が並ぶ、ハンズオンのスペースが現れていたそうです。

flick! Newsさんより

記事によると、「現場にいると、キツネにつままれたような気分でしたよ。」とのことです。

壁は一体どこに消えたのか…。

巨大な壁はどこに消えた?

「シャッターはどこに収納されるのかはAppleの人は教えてくれませんでした。」とのこと。

flick! Newsさんより

写真のように、壁はかなりの高さで、縦方向に継ぎ目はありません。
壁が上昇して収納されるスペースはなさそうです。

となると、横方向にスライドして、収納された可能性が高そう。床にはレールのようなものは無いそうなので、天井側にレールがあるのかな。
で、後方のAppleロゴのある壁に収納されたっぽいですね。

実際どのような開閉動作をするのかは謎ですが、次回のイベントでは、それを暴こうとする人が登場しそう..。

まさに新製品の発表イベントのために作られたシアター

発表されたばかりの新製品が触れるだけでもテンション上がるのに、さっきまで壁だった場所がその会場になるなんて、テンションMax!!
まさに、発表イベントのために作られたようなシアターですね。



flick! Newsさんでは、「Steve Jobs Theater」の他にも、新社屋について写真満載で紹介されています。ぜひ、そちらもどうぞ。(トイレまで紹介されてる!)

Apple新社屋の建築がすごい! 1——ビックリの新構造を秘めたシアター編
9000本の木が植えられた、まるで公園のような新キャンパス 良い製品を作るためには、仕事がしやすく、





1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。