iPhoneアクセサリレビュー アコースティックアンプ「AirCurve」

今回ご紹介するのは、iPhone用アコースティックアンプ「Griffin AirCurveです。
 
iPhone内蔵スピーカーの音を、アコースティックアンプ内の導管を通すことで増幅させるという、ちょっと異色のアクセサリです。
 

AirCurve001.jpg AirCurve002.jpg

こちらがパッケージ。ちょっとズシリとします。
なるほど、グルっと管が通っている訳ですな。
 
 

AirCurve004.jpg AirCurve0019.jpg

透明なボディは、G4 cubeを思い出します…。問題になったモールドラインも忠実に再現!?
なかなか質感は高いです。
 

AirCurve005.jpg AirCurve006.jpg

裏面には、Dockケーブルを通す穴が。
専用のDockアダプタが付属。初代iPhone用も付いています。
 
AirCurve007.jpg AirCurve0011.jpgDockアダプタをセットして、Dockケーブルを通します。USBの方を上から入れます。(充電/シンクが不要な場合は、ケーブルを通さずに、そのままでも使えます。)
 

AirCurve0012.jpg AirCurve0013.jpg

裏面へ引っ張り出して、ず~っと通していくとセット完了。
でも、なんだかDockコネクタが沈んでしまっています。
 

AirCurve0014.jpg AirCurve0015.jpg

もしかすると、旧型のコネクタ部が長いのじゃなきゃだめ?と思い試してみる。
でも、今度はUSBコネクタが入らない!!
 

AirCurve0016.jpg AirCurve0017.jpg

よく見ると、旧型はコネクタがちょっと大きかった。
ということで、普通のDockの様にiPhoneをカチャっと置くのではなく、先iPhoneに挿しておいて、セットする様な感じになります。
Dockコネクタに上げ底したり、粘度で固めるなどすれば、もしかすると普通のDockの様にもできるかもしれません。
 
AirCurve0010.jpgこれで、セット完了。
 
音の方ですが、確かに大きくなります。音質もアップという商品説明もありましたが、元が内蔵スピーカーだけに効果は微妙ですが、そう言われれば、そんな気もします。
 
パソコンのとなりで、ちょっと音楽も再生したいというくらいなら、重宝しそう。さすがに本格的に聞く用には物足りないでしょう。
電源なしのスピーカーということで、エコ的にもいいかもしれませんね。

 
「AirCurve」を探す⇒Amazon楽天Yahoo!ショッピング
 iPhone対応スピーカーカタログはこちらです。

 




3 件のコメント

  • これかいましたw
    中を開け白い消しゴムを隙間のサイズに切ってコネクタ部分の高さを固定
     
    コネクタ部分はプラスチックを溶かすムニュッとするヤツで(名前分らんw) 固定したよ
     
    どちらもガチガチ出ないので以外に感触良かったー^^片手で抜き差しできております
     
    この手のDockで白やクールデザインなやつ”ナイ”ですもんw
     
    頻繁に充電したくはないので専用アダプタをiphoneカバーサイズに削りポンと置くと充電せずに挿してます
     
     
    あー写真が無いから、あんまり説明できなかった

  •  
     
    私はケーブルを中で1回転させてます。
    抜くときは飛び出してしまいますが…( ̄◇ ̄;)
    いつか接触不良起こしそう…

  • さがしもさん
    おおっ、加工大成功ですね。ちょっとかさばりますが、デザイン的にはいいですもんね。
    ぜひ、実物みたいです。
     
    POPさん
    危険ですね..。iPhoneの生命線なので、Dock端子は大切に!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。