世界最小で、今度はしゃべる!! 新しいiPod shuffle登場。

アップルが新しいiPod shuffleを発売していましたので、ご紹介しておきます。
 

voiceover_hero_20090311.jpgspecs_dimensions_20090311.jpg


・世界最小サイズ
今度はさらに小さくなりました。どこかの製品に世界最小の座を奪われていたらしいのですが、旧shuffleの約半分というサイズで、見事「世界最小」を奪還です!!
 
 
・操作
本体にあるのは、ヘッドホン端子と、電源/shuffleの制御スイッチのみです。操作はヘッホンについているリモコンですることになります。
 
 
・読上げ機能(VoiceOver)
そして、新shuffleの売りは、なんといっても「しゃべる」という点。
曲のタイトルやアーティスト名、プレイリスト名、バッテリー残量などのを読み上げてくれるそうです。もちろん日本語にも対応しています。
こちらに、日本語読上げのデモがあるんですが、一番最初なんて言ってます?聞き取れません…。
 
表示部を持たないiPodをしゃべることで、カバーしたということでしょうね。プレイリストとかもちゃんと読み上げてくれるので、選択するには便利かな。でも、「shuffle」という意味での使い方に反する気もするけど…。今回は4GBになったので仕方ないかな。
 
今後、iPhone等にも何かしら応用されるかもね。(ほったらかし?になってるMacのVoiceOver日本語対応は確実かな?)
 
 
・容量、価格
4GBで、リモコン付きということで価格は8,800円に。(旧1GBモデルは5,800円)この不況の中、強気の設定ですねぇ。(円高還元してくれ!!)
もうちょっと容量少なくて、低価格でもいいと思うんですけど。リモコンヘッドホン単体(マイクも付いてるけど)で3400円なので、もう持ってる人向けに、リモコン無しモデルにして、もっと安くするとか。
(旧タイプも並売されるようです。)
 
・カラバリ
カラーは、シルバーとブラックのみ。見えないくらい小さいので、カラフルなカラバリは意味がないって判断? それとも、やっぱり追加されるかな?
 
 
・充電/同期
充電,同期は、ヘッドホンに挿すUSBケーブルで行うそうです。このサイズなら、USB直挿しとか出来たらUSBメモリ代わりにもなって面白そうですけどね。せっかく4GBもあるわけだし。
きっと、極小のUSBアダプタをどこかのメーカが出してくるかと。(こんなのの、さらに小さい版)
 
 
世界最小を追い求めるばかり、使い易さが犠牲になったりしてないか? さっそくポチりまましたので、しっかり見極めたいと思います。
 




4 件のコメント

  • 正直、失敗作じゃないの?って感想です。
    値段もあがり、デザインも特によくもなく、イヤホンでしか操作できないって。
    断線したらどうすんねん。
    shuffleみたいな機種だと2Gもあれば十分なのに。
     
    日本語読み上げも「漢字」が含まれている曲名だとiTunesに読みがなも入力をしておかないと駄目じゃないのかな?
     
    レビュー楽しみにしてます

  • イヤホンのみの操作はきついでしょ。
    純正イヤホンって壊れやすいし音質もいいというわけでもないし。
    こないだ私の純正イヤホンのゴムが剥がれた。
    ホイール止めるのはいいがボタンなしはきついなぁ~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。