次期iPhoneはリキッドメタル採用でWWDC発表!?

etnews.comさんによりますと、次期iPhoneに、リキッドメタルが採用されているかもしれないとのことです。
 
アップルは、2010年8月に、家電分野でリキッドメタルを独占的に使用できる契約をしています。
ついに実際に製品に活用されるのかな。
 
 
リキッドメタルを使用することで、どんなメリットがあるんでしょうね。まさか、使用形態に応じて変形!? するわけはないでしょうから…。より自由なデザイン? 製造費のコストダウン?
新しい材料は気になるけど、それを無理矢理活かすのはやめて欲しいというか、ちゃんと必然性の上で使って欲しいですね。この革新的なデザインを実現するには、リキッドメタルしかない!!っていう。
 
記事では、6月のWWDCでの発表と予想しています。新材料となれば、デザインの刷新は確実。2年ぶりの新デザイン、楽しみですね。(現在のメタルフレームをリキッドメタル化して、デザイン据え置きという可能性もある!?)
 


 




2 件のコメント

  • 4のsim穴に刺す付属の金具が、リキッドメタルでできているときいたことあります。
    下実験終了して本格使用開始でしょうか?
     

  • タッチパネルの噂、液晶パネルの噂も加味して考えると、
    次のiPhoneは「薄さ」がウリになるんでしょうかねぇ。