ドコモ社長がiPhoneについて久々発言。「現状だと厳しい」

本日ドコモの決算会見が開かれ、その中で山田社長がiPhoneの取扱いに関する質問に対して「現状だとなかなか厳しい」と語ったそうです。

「iPhoneはドコモが目指すモデルとは相反する。メニューを追加することも難しい。スマートフォンの半分以上は、我々が自由にできるAndroidをベースにしていくのがドコモの大前提」
(もし、iPhoneを取り扱うとなると)「アップルからボリュームコミットメントを求められるはず。ここで販売台数の半分以上をiPhoneにと言われると、ドコモの基本戦略には合致しない。現状ではドコモがiPhoneを取り扱うのはなかなか厳しい状況」

 


iPhoneを取り扱うと、AndroidよりiPhoneが多くなっちゃうので、iPhoneは取り扱えないとのことです。なんか、変な理由…。
 
 
さらにドコモは決算説明会でこんな説明をしていた…
 
スクリーンショット 2012-04-27 19.40.14.png
 
iPhoneは、ネットワークが「土管化」しているそうです。う〜ん、よくわからない。
端末が限定されてるんだから、端末に特化したサービスになるのは、当り前な気がするけど。端末とサービスが深く結びついているのがiPhoneだと思います。
 

3 件のコメント

  • 早い話が、docomo独自のサービスで顧客からサービス使用料の搾取が出来ないからでしょうね。
     
    事業者の土管化=サービス面でウチをスルーしないで、独自サービスで儲けづらいでしょ。
    だからiPhoneは扱いづらい。
    が、本音でしょう。
     
    昔からdocomoは変わりませんね。

  • 「通信事業者がインテリジェンスな機能を提供」って一体ナニ?